エアコンクリーニングをスチームクリーナーで掃除してから大量のカビが発生!

本当にあったスチームクリーナーの怖い話

エアコンクリーニングに伺ったお客様から実際に聞いた話です。TVショッピングなどでよく宣伝しているスチームクリーナーを購入されたようでした。購入特典としてサービススタッフの方がお宅に訪問し購入したスチームクリーナーでエアコンクリーニングを施工してもらったそうです。

その直後から、エアコン内部に大量のカビが発生したそうです。お客様はあまりのカビの凄さに驚き、当社にエアコンクリーニングの依頼をしてきました。

実際にわたしがエアコンの吹き出し口から中を覗くと・・・

「あっ。」声にもならない驚きの声を飲み込みました。

本当にエアコン内部がカビだらけで真っ黒だったのです。いままで数多く汚れきったエアコンを見てきましたが、これほどカビだらけなのは初めての体験でした。

では、なぜこんなにエアコン内部にカビが大量発生してしまったのでしょうか?

お客様から話を聞くうちに、なぜこうなってしまったのか理解することが出来ました。

何が原因で大量のカビが発生してしまったのか?

そのサービススタッフがどのような方法で施工したか、聞いたところ「スチームクリーナーだけでもエアコンの汚れが取れますが、さらに効果的にするために石鹸水を使いますね」と説明されたそうです。

そのサービスマンはスプレーボトルで、石鹸水をエアコンの隅々まで丁寧に噴霧したあとに、念入りにスチームクリーナーで蒸気をあてていたそうです。

「はい。これでエアコンがキレイになりました。〇〇様も同じ要領で定期的にスチームで掃除してくださいね」といってクリーニングが終了しました。

この時点で、カビ発生の2つの原因が分かりました。

1.石鹸水で使った

2.スチームクリーナーだけでクリーニングが終了した

石鹸はカビの大好物です。お風呂場でもお分かりだと思いますが、石鹸かすが残っているとカビが発生し易くなります。またスチームクリーナーですと、その石鹸分を完全に洗い流すことが出来なかったためカビが発生したと考えられます。

スチームクリーナーに対するエアコンメーカーの見解

【東芝キャリア株式会社】【日本冷凍空調工業会】

電気部品、ファンモータなどには“絶対に”洗浄剤がかからないこと。
洗浄剤は、樹脂材(プラスチック)をおかさない適正なものを使用すること。
 樹脂部品に損傷を与えるような高温高圧スチームでの洗浄を行わないこと。  汚れが排水経路に詰まらないように十分にすすぎを行うこと。

大量の水で洗い流すエアコンクリーニング方法がベスト

スチームクリーナーは高温の蒸気を発生させるだけなので、汚れや洗剤分などを洗いい流せるだけの水量がありません。エアコンクリーニングでは、大量の水で洗い流す方法が最善です。決してスチームクリーナーを批判している訳ではありませんが、使い方を誤ってしまうと大変な事になってしまいます。

関連記事

  1. 冬にエアコンを気持ちよく使うための、今できる秋のエアコンのカビ予防対策…

  2. エアコンが原因で入院!?エアコンにカビ取り剤は使ってないけない!?

  3. 自動お掃除機能付きエアコンかどうか判断する方法

  4. エアコンのリモコンにある「カビないス」「風ないス」ってどんな機能なの?…

  5. エアコンの効きが悪い、5つの原因と対策法。

  6. エアコンの中からゴキブリや虫が出てくる!?怪しい3つの経路を封鎖せよ!…