梅雨明け後から大変混みあいます。ご検討されている方はお早めにご注文下さい。

エアコンの機能「カビ防止」「カビ見張り」の違いは?

エアコンのスイッチを入れていないのに、「勝手にエアコンが動いてる?」

こんな経験ありませんか?

最近のエアコンは、ある条件になると自動的に運転する機能がついています。

そんなときは、「カビ防止機能」か「カビ見張り機能」が働いているのもしれません。

名前の通りともにカビを防ぐ機能ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

カビ防止機能とは

エアコンメーカーによって「内部クリーン」「内部乾燥」とも呼ばれます。

「冷房」や「除湿」運転停止後に自動的に「送風運転」に切り替わる機能です。

冷房や除湿運転をすると、エアコン内部は結露によって湿度が高いので、カビが発生しやすいのです。

送風運転させることで、エアコン内部の湿度を下げ乾燥させるのです。

湿度が下がれば、カビ防止になるというわけです。

エアコンにスイッチを切っても、エアコンがまだ動いている。

こんなときは、カビ防止機能が働いているのかもしれません。

カビ見張り機能とは

日立エアコンに「カビ見張り」という機能があります。

これは「部屋のカビ発生を防ぐ」機能です。

部屋の湿度が高くなると自動的に除湿運転がはじまります。

室温10℃以上、湿度70%以上のとき、除湿運転が自動的に始まります。

カビ見張りを設定しておけば、梅雨や秋雨の季節に効果を発揮できますね。

まとめ

カビ防止機能とは「エアコン内部のカビを防ぐ」機能です。

カビ見張り機能とは、「部屋のカビ発生を防ぐ」機能です。

関連記事

  1. エアコンからでるドレン水でベランダがビチャビチャにならないために工夫し…

  2. 新品のエアコンなのに臭いがする!?2つの原因と対策法

  3. エアコンクリーニング依頼の最適なタイミングは?

  4. エアコンからゴキブリが!?もしかして隠蔽配管じゃないですか?

  5. エアコンの室外機が傾き倒れそうでした

  6. エアコン内部のカビを1回あたり2円で簡単に防ぐ方法