そろそろエアコンをキレイにして夏の準備をしませんか?

エアコンの機能「カビ見張り」「カビみはり」は全く異なる機能だった!

エアコンの機能に「カビ見張り」と「カビみはり」という機能があります。

「カビ見張り」は日立の一部エアコンについている機能です。「カビみはり」はパナソニックの一部エアコンについている機能です。

「見張り」の部分が漢字かひらがなの違いだけなので、「どちらも同じ機能なのでは?」と思う方が多いと思います。

ともに「カビ対策」の機能ですが、決定的な違いがあります。

日立エアコン「カビ見張り」

日立の「カビ見張り」とは、部屋のカビ発生を防ぐ機能です。

部屋の温度と湿度を見張り、カビの発生しやすい温湿度(室温10℃以上、湿度70%以上のとき)になると、自動的に除湿運転を行ないます。

旅行や出張など長期間にわたって家を空ける場合には、おすすめの機能です。

除湿運転は4時間経つと自動的に停止します。(日立様より回答いただきました)

パナソニックエアコン「カビみはり」

パナソニックの「カビみはり」とは、部屋の温度・湿度をセンサーが感知し、カビが成長しやすい条件が12時間続くと、自動でエアコン内部を高温加熱・乾燥させる機能です。

【本体内部おそうじ運転】運転時間について

常に湿度が高い場合には、24時間フルに乾燥運転を続けることになるので、電気代が高くなるのではと心配でした。

なのでそのあたりパナソニックに問合せました。

パナソニックからの回答は、 乾燥運転は40分間 だそうです。梅雨時期などで常にカビが成長しやすい条件が続く場合には、12時間ごとにチェックするので1日に2回(40分間x2回)乾燥運転することになります。

まとめ

日立のカビ見張りは「部屋のカビを見張る」機能。

パナソニックのカビみはりは「エアコン内部のカビを見張る」機能。

関連記事

  1. エアコンの加湿機能を使うと激しい音が鳴る!?

  2. エアコンの効きが悪い、5つの原因と対策法。

  3. エアコンの機能「カビ防止」「カビ見張り」の違いは?

  4. エアコンクリーニングをスチームクリーナーで掃除してから大量のカビが発生…

  5. パナソニックのエアコンを使っている人に質問です!「内部クリーン」「カビ…

  6. エアコンの中からゴキブリや虫が出てくる!?怪しい3つの経路を封鎖せよ!…