そろそろエアコンをキレイにして夏の準備をしませんか?

パナソニックのエアコンを使っている人に質問です!「内部クリーン」「カビみはり」「においカット」「カビストッパー」の違いはなんですか?

最近のエアコンは、いろいろな機能がついていて、全部の機能を使いこなしている人は少ないのではないでしょうか。

パナソニックのエアコンには「内部クリーン」「カビみはり」「においカット」「カビストッパー」という機能があります。

どれも「カビ」「におい」「掃除」を連想されます。

せっかくある機能なので、できるだけ使いこなしていきたいものですよね。

では、それぞれの機能を説明していきますね。

内部クリーン

冷房または除湿運転を終了した際に、熱交換器(アルミフィン)を40℃以上に加熱し乾燥、エアコン内部のカビの成長を抑制する機能です。(暖房運転の時は、エアコン内部に結露水が発生しないので、内部クリーン機能は発動しません)

内部クリーンは、ルーバーが閉まった状態で動作するので、部屋の中が熱くなることはありません。(多少は温度や湿度が上がることがあります)

1回あたりの電気代は約1円です。

エアコン内部の湿度などにより、動作時間は変わってきますが、約40-100分くらい動作します

カビみはり

シーズンオフでエアコンを使わないときでも、エアコン内部にカビが成長しやすい条件が一定時間(12時間)続くと、自動で内部クリーンをスタートする機能です。

湿度が高い状態が続くと、最短12時間ごとに内部クリーンが動作します。

パナソニックだけの機能だそうです(国内家庭用エアコンにおいて。2014年10月21日発売。)

においカット

冷房、除湿または冷房除湿運転開始時に、熱交換器(アルミフィン)を結露させた水分で、ニオイ成分を洗い流す機能です。

運転スイッチを入れて約1分間動作し、その後冷房や除湿運転が始まります。

カビストッパー

こちらはエアコンの機能ではなく、エアコンの中に取り付けるパーツのことです。

カビストッパーは、気化させたわさびの成分(AITC)で、エアコン室内機内部のカビの成長を抑制し、カビ臭さを抑えます。

交換目安:約1年

AITCとはアリルイソチオシアネートのことです。ワサビの辛味成分で抗菌効果や病気予防、老化防止にも効果があるそうです。

※対応機種をお確かめください。

関連記事

  1. 新品のエアコンなのに臭いがする!?2つの原因と対策法

  2. 冬にエアコンを気持ちよく使うための、今できる秋のエアコンのカビ予防対策…

  3. エアコンの電気代は他の暖房器具と比べて高いのか?

  4. エアコンの効きが悪い、5つの原因と対策法。

  5. エアコンクリーニングをスチームクリーナーで掃除してから大量のカビが発生…

  6. エアコンからの水漏れ。14の原因と自分で出来る対策が分かる!