そろそろエアコンをキレイにして夏の準備をしませんか?

エアコンからでるドレン水でベランダがビチャビチャにならないために工夫したこと

夏になるとベランダがびちゃびちゃになってませんか?

エアコンのドレン水って分かりますか?

室外機の付近にある白いホースからちょろちょろ水が出てきてるの見たことありますよね。

その水のことをドレン水って呼びます。

冷房や除湿を使うと、室内機内部で結露した水が発生します。

その結露水がドレンホースを中を通り、室外に排出される仕組みなのです。

『ベランダで洗濯物や布団干してんのに、毎日下濡れてたらストレスですよね!!』

そんなときにおすすめしたいのが『エアコン排水レール』です。

ドレンホースから出てきたドレン水をこのレールに沿って流すためのものです。

本来はしっかりベランダに固定したほうがよいのですが、レビューを見てみるとベランダに固定せずに使っているが多いようでした。

しかし、ずれないように両面テープで固定したほうがよいかと思います。

 

関連記事

  1. 冬にエアコンを気持ちよく使うための、今できる秋のエアコンのカビ予防対策…

  2. 自動お掃除機能付きエアコンかどうか判断する方法

  3. 部屋のエアコンがカビやすいかどうか判断する方法

  4. エアコンクリーニング依頼の最適なタイミングは?

  5. エアコンの電気代は他の暖房器具と比べて高いのか?

  6. エアコンから水が降ってきたら、すぐに3つのパターンに当てはめてみて!