年内の予約はほぼいっぱいとなりました。来年は1/6(日)から営業を開始しております。

エアコンから下水のニオイが。。。意外な原因にビックリ?!

以前、エアコンクリーニングをご依頼いただいたお客様の話です。

わたし「エアコンで何か気になるところありますか?」

お客様「最近、エアコンからにニオイがするようになったのよ」

わたし「どんなニオイですか?」

お客様「下水のニオイというか、卵が腐ったようなニオイというか・・・・」

そこで、エアコンの室外機を見に行きました。

はやりというか、臭いの原因が分かりました。

ドレンホースの先端が、側溝に差し込んであったのです。

ドレンホースはエアコン室内機とつながっていて、室内機に発生した結露水を室外に流すためのホースです。

側溝の中には下水が流れていますので、そのニオイがドレンホースを伝わって室内に流れ込んできたのです。

下水道内で発生した硫化水素などの腐食性のガスが熱交換器(アルミフィン)を腐食させ、ガス漏れを引きおこす事例もあります。

ドレンホースは、地面につけてはいけません。

関連記事

  1. 部屋のエアコンがカビやすいかどうか判断する方法

  2. エアコンの電気代は他の暖房器具と比べて高いのか?

  3. エアコンの加湿機能を使うと激しい音が鳴る!?

  4. エアコンの中からゴキブリや虫が出てくる!?怪しい3つの経路を封鎖せよ!…

  5. エアコンクリーニングをスチームクリーナーで掃除してから大量のカビが発生…

  6. 台風前に備えておきたいエアコンの故障・水漏れ・異音を防ぐ2つの対策