残り湯洗濯派の方は、洗濯用残り湯システム(ノコリ~ユECO)を検討する価値あり

お風呂の残りを洗濯機で再利用している方も多いとか思います。

残り湯をそのまま捨てるのではなく、洗濯に活用できれば、節水に大きく貢献できますよね。

最近の洗濯機は、風呂水用ポンプが内蔵されているものが多く販売されています。

洗濯機とお風呂をホースでつないでやれば、勝手にお風呂の水を吸い上げてくれるのです。

めっちゃ、便利ですよね。

ただ、こんなお悩みありませんか?

  • 風呂水ホースが、がさばって収納スペースが確保できない
  • 洗濯機脇に風呂水ホースを収納してるけど、毎回出し入れが面倒
  • 風呂水ホースをしまうとき、床に水が垂れてしまう

残り湯を洗濯に利用している方には、「洗濯用残り湯システム」を導入検討されてみては如何でしょうか?

洗濯用残り湯システムとは、洗濯機と浴槽を専用配管でつなぎ、その配管を壁や床の中に埋め込むことです。

イメジーシとしては、こんな感じです。

洗濯用ふろ水利用システムを導入すれば、風呂水ホースを出し入れしなくてもいいのです。

とっても便利ですよね。

ただし現状のまま導入しようとすると、壁や床場合によっては、浴室を一部解体しないといけません。

新築の時か、リフォームする際に、導入しないとコスト面で難しいと思います。

浴室をリフォームする予定がある方は、頭の片隅に入れておいてください。

 

 

 

 

関連記事

  1. お風呂や防水パンで排水口部品の取付順番を間違えると臭いが上がってくるか…

  2. 洗濯パンと壁とのスキマが気になったらコレを使えば即解決

  3. お風呂の排水の流れが悪くなったと感じたら、まずは排水口の掃除が基本です…

  4. 浴槽のエプロンの外し方~まとめ編

  5. 高圧洗浄機を使ってチョウバエ発生源である浴槽下を一網打尽に!

  6. 洗濯機の排水ホース交換費用を安く抑える方法