梅雨明け後から大変混みあいます。ご検討されている方はお早めにご注文下さい。

お風呂のお湯が臭い!?フローチャートで対策が分かる

最近、浴槽にお湯をためたり、追い焚きするとお湯が匂うなんてことありませんか?

『お風呂のお湯が匂う』という理由で、風呂釜洗浄サービスを依頼される方も少なくありません。

では、お風呂のお湯が臭う原因は何だと思いますか?

結論から言ってしまうと、臭いの原因は『細菌』によるものです。

湯船に浸かると人間の体についている細菌がお湯に混じる

人間の体には、細菌がたくさん存在します。代表的なものをいくつか紹介しますね。

黄色ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌は、手指・鼻・のど・耳・皮ふなどに広くに存在しています。食中毒の原因となるだけでなく、おでき、にきびや、水虫等に存在する化膿性疾患の代表的起因菌です。

大腸菌

小さな子供がお尻をキレイに洗えていないままバスタブのお湯に浸かると、大腸菌がお湯の中に混ざってしまいます。大腸菌は、腸内細菌で人の大腸に存在しています。感染すると腹痛や下痢を起こすことがあります。いわゆる食中毒と呼ばれるものがそうです。

緑膿菌(りょくのうきん)

緑膿菌は、人の腸管や鼻の中に存在します。ほかの病原菌と一緒に感染(混合感染)することが多く、抗生物質に抵抗性が強いので菌交代症をおこすことがあるそうです。

また人体だけでなく、空気中にもたくさんの細菌が浮遊しています。

枯草菌(こそうきん)

空気中や枯れ草・土壌中など自然界に広く分布する細菌です。当然家中、お風呂の中にも浮遊しています。

カビ

厳密にいうと「カビ」と「菌」は別ですが、枯草菌と同じようにカビも空気中に浮遊しています。お風呂場は、カビの大好物である「湿度」「栄養素」「温度」が揃っている場所なので、ちょっと掃除をさぼってしまうとカビの住処になってしまいます。

人が浴槽のお湯に浸かると、体についている細菌が、お湯に混じってしまうのです。

細菌の繁殖力は半端ない!

いままで人が湯船に浸かると、細菌がお湯の中に混じると説明してきました。

しかし、お湯の中に混じるのは細菌だけではありません。

「アンモニア」「脂肪」「皮脂」「塩分」「鉄分」などの汚れも細菌と一緒にお湯の中に混じってしまいます。

とくに「脂肪」「皮脂」の汚れは、細菌の大好物なのです。

細菌の栄養分になってしまいます。

そして細菌が繁殖する3つの条件があります。

それは・・・

  1. 水分
  2. 栄養分
  3. 温度(30-40℃)

になります。

まさに、お風呂のお湯は細菌にとって天国であることがお判りですよね。

この3つの条件が当てはまるとき、細菌は活発に繁殖するのです。

このような好条件下において大腸菌は、30分で2倍に増殖(細胞分裂)します。

30分で2倍ということは、60分で4倍、90分で8倍、120分で16倍という計算になります。

もし、お風呂のお湯を抜かずに一晩放置してしまうと、何倍になると思いますか?

エクセルを使って計算してみました。

なんと24時間後には281兆倍になるのです。

まさかこれほどまでの数値になるとはビックリですよね。

これはあくまで計算上の話ですが、計算通りに行かなくとも、細菌の繁殖は私たちの想像をはるかに超えています。

お風呂のお湯を抜いても、細菌は追い焚き配管内に潜んでいる

お風呂のお湯の中に存在している細菌が、時間の経過とともに爆発的に増殖することが分かっていただけたと思います。

「仮に細菌だらけのお湯だとしても、その日のうちにお湯を抜いてしまうから、細菌はいなくなるはずでは・・・」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、お風呂のお湯を抜いても、すべての細菌は流れ切ってないのです。

お風呂のどこかに潜んでいるのです。

どこだと思いますか?

正解は、この奥です。

この奥に細菌が潜んでいるのです。

この丸い金属のことを循環金具と呼びます。

この循環金具と給湯器が追い焚き配管でつながっているのです。

追い焚き配管は、浴槽のぬるいお湯を給湯器に送る「送り配管」と給湯器で温められた熱いお湯を浴槽に戻す「戻り配管」の2本の配管があります。

浴槽のお湯に混じった細菌や汚れは、追い焚きすることにより追い焚き配管内にも循環されるのです。

この状態で浴槽のゴム栓を抜き、お湯を流すとどうなるでしょうか?

浴槽のお湯といっしょに、追い焚き配管内のお湯も抜けると考えがちですが、実際には追い焚き配管に溜まっているお湯は抜けきらないのです。

浴槽にお湯が溜まっていなくても、追い焚き配管の中にはお湯がたまったままなのです。

お湯の臭い問題、原因特定フローチャート

1.前日の残り湯が原因

前記「細菌の繁殖力は半端ない!」で説明した通り、浴槽のお湯を抜かずに一晩放置してしまうと細菌の数は爆発的に増えています。

細菌が増えている状態で、追い焚きして温めると、臭いが発生します。

お風呂のお湯が臭くて悩んでいる方の多くが、前日のお湯を沸かし直して使っているようです。

対策

前日、最後にお風呂に入り終わった人が、お湯を抜くようにします。

洗濯で先日のお湯を使う方がいらっしゃしますが、あまりお勧めできません。

たしかに水道代の節約になるかもしれませんが、洗濯ものに雑菌がついてしまったり、雑菌が繁殖してしまうからです。

浴槽のお湯は一晩放置させないで、すぐに抜くこと

2.追い焚き配管内の汚れが原因

前記「お風呂のお湯を抜いても、細菌は追い焚き配管内に潜んでいる」でも説明していますが、ここで言う「たまり湯」とは、浴槽のお湯を抜いても追い焚き配管の中に溜まっているお湯のことを示します。

まずは、追い焚き配管内の「残り湯」を抜いてから、お湯張りをして追い焚きしてみてください。

細菌が繁殖している「残り湯」を抜いても、まだ臭う場合は、追い焚き配管内側に張り付いている「バイオフィルム(雑菌の塊)」が原因です。

バイオフィルムとは、雑菌の塊のことです。

お風呂の床や排水口がヌメヌメしていることありますよね。

そのヌメヌメこそが、バイオフィルムなのです。

追い焚き配管内の「残り湯」を抜かない状態で、お風呂を使い続けると徐々に雑菌が追い焚き配管内側にへばりついてきます。

そして時を重ねるごとに、勢力を拡大し続けるのです。

そうなると市販のジャバなどの風呂釜洗浄剤は、バイオフィルムを取り除くことが出来なくなります。

対策

追い焚き配管内のバイオフィルムを取り除くには、業務用の風呂釜洗浄剤を使うようにしてください。

追い焚き配管内側に付着した水あか(スケール)に、汚れや細菌が引っかかり、やがてバイオフィルムに発展するので、「水あか落とし」の効果がある風呂釜洗浄剤がおすすめです。

本格的な追い焚き配管洗浄をしてみよう

3.追い焚き配管内のたまり湯が原因

追い焚き配管内の「残り湯」を抜いかずにそのまま、お湯張りをして追い焚きしてみてください。

前記「バイオフィルム」が原因でないとすると、追い焚き配管内に残っている「残り湯」の中で雑菌が繁殖したのが原因となります。

対策

お風呂に最後に入ったあとに、浴槽のお湯を抜いたあとに、追い焚き配管内に残っている残り湯も抜くようにしてください。

 【残り湯の抜き方】 

1.自動湯張りボタンを押して、お湯を張り始める

2.するとしばらくお湯が出てきて途中いったん止まります。そしてまた、お湯が出てきます。いったんお湯が止まるまでは、残り湯が出てきます。そのあとに出て来るのは給湯管からくる新しいお湯です。なのでお湯が止まって再度お湯が出始めたら、自動湯張りボタンを再度押して終了させてください。

※フルオート給湯器をお使いの方は、浴槽のお湯を抜くと自動的に、残り湯も出し切きることが出来ます。

4.お風呂の入り方が原因

以前「追い焚きするとお湯が臭う」という相談があり、調査したことがありました。

しかし、下記のように1-3の状況は当てはまりませんでした。

・前日の残り湯を沸かし直していない

・風呂釡(追い焚き配管)洗浄しても、臭いが発生する

・フルオート給湯器なので、追い焚き配管内に残り湯は残らない

そこで、いくつかの実験をしてみました。

お風呂のお湯の臭いの原因は「細菌」なので、細菌量を計測できる測定器を使って検査してみました。

  1. お風呂にお湯をためた直後に、細菌量を計測
  2. 奥様と子供が入浴した直後に、細菌量を計測
  3. 2時間後、ご主人が入浴する前に追い焚きした直後に、細菌量を計測

奥様と子供が入浴した後に、ご主人が帰宅され、そのあとに入浴するので、ぬるくなったお湯を追い焚きするようでした。

なので、上記の3箇所のタイミングで細菌量を計測してみました。

計測したのは、この測定器です。医療現場や食品工場、入浴施設なので使われているキッコーマンが開発した測定器です。

計測結果は下記の通りでした。

1.計測値:8RUL

2.計測値:120RUL

3.計測値:420RUL

RUL値から下記のような、安全性が分かります。

1.入浴前は当然ながら、キレイなお湯が出て来るので、数値は安全レベルでした。

2.奥様と子供が入浴した直後は、120RULなので、一気に危険レベルになってしまいました。

3.2時間後にご主人が入浴する直前には、420RLUと3-4倍に細菌量が増殖してまった。

上記の検証により、奥様と子供が入浴した際にお湯の中に細菌が混じり、ご主人が入浴するまでの2時間の間に細菌が数倍に増殖したことが原因でした。

対策

・入浴前によく体や頭を洗ってから、湯船に浸かるようにする

・湯船にタオルやおもちゃなど持ち込まない

・お風呂用除菌剤を使って細菌を除去する(最初に入浴した後に入れる)

関連記事

  1. お風呂場に発生する5色の汚れ、それぞれの正体を暴きます

  2. お風呂場に発生しやすいチョウバエとチャタテムシ

  3. ついにお風呂にも自動洗浄機能が搭載!?

  4. ホコリで目つまりしやすい浴室ドアの通気口の掃除方法

  5. 入居したらまずは水回りのコーキングのカビ対策を

  6. 浴槽のエプロンの外し方~まとめ編