キャッシュレス決済(PAYPAY,LINEPAY)でご依頼いただいた場合、5%還元されます。

お湯だと思ってシャワー頭からかけたら冷水だった!心臓が止まりかけました。。。

冬にお風呂に入るとき、服を脱いだたらすぐに、あったかいお湯でシャワーをあびたいですよね。

でもレバーをひねったら、シャーワーからお湯でなく冷たい水が出てきて、「つめたーーーーーーい!」と叫んだことありませんか?

シャワーを頭や体にかける前に、手で温度を確認しればいいのですが、これって地味に面倒じゃないですか?w

冬の寒いときには、手に冷水がかかっても、「冷たっ!」ってなりますよね?

また、出てきたお湯が予想以上に高温で、火傷しかけたなんてこともありえます。

もしもこれが赤ちゃんだったら、事故にもなりかねません。

そんな時に、おすすめな対策グッツを見つけてきました。

シャワーヘッド水温計でシャワーから出てくるお湯の温度を見ることができます

シャワーヘッド水温計をシャワーホースと水栓の間に取り付けるだけで、シャワーの温度を測ることができます。

レビューを見てみると、下記のような多く見受けられます。

・大きな文字でデジタル表示なので、とても見やすい

・レバーをひねるとタイムラグがなく、すぐに正確な温度が表示される

ただ、わたしが思うに、このシャワーヘッド水温計の特徴、メリットは「電源や電池が不要!」ということです!

電源が必要ないので、電源工事が不要!

電池不要なので、電池交換不要!

ほかにも似たような製品がありましたが、電池式のものが多いようです。

「電源や電池が不要!」これが、一番のメリットではないかと思います。

 

 

関連記事

  1. ホコリやカビがつきにくい、お掃除がラクになる浴室ドアとは?

  2. お湯を出しっぱなし問題を解決する便利グッツを紹介

  3. お風呂の排水の流れが悪くなったと感じたら、まずは排水口の掃除が基本です…

  4. 高圧洗浄機を使ってチョウバエ発生源である浴槽下を一網打尽に!

  5. 入居したらまずは水回りのコーキングのカビ対策を

  6. お風呂場に発生しやすいチョウバエとチャタテムシ