そろそろエアコンをキレイにして夏の準備をしませんか?

コーキングやタイルがピンクに変色!カビではないような・・・

お風呂場でピンク色の原因のほとんどは「セラチア」「ロドトルラ」と呼ばれる細菌

お風呂の一部が「ピンクっぽく」なることは、よく見うけられます。ほとんどの場合、雑菌が繁殖してピンク色に見えるのです。

指で触ってみると、ヌメヌメするのが特徴です。

これは「セラチア」と呼ばれる細菌や、「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌が、鮮やかなピンク色に発色するためです。

このピンクのヌメヌメ汚れは、ブラシなどでこすれば簡単に落とすことはできます。

ただしまたしばらくすると、ピンク汚れが発生することがあるので、落とした後に「消毒用エタノール」や「アルコール消毒液」などで殺菌するようにして下さい。

漂白剤をコーキングやタイルに塗ったらピンク色に変色した

「お風呂のコーキング部分やタイルにカビキラーをかけたら、ピンク(薄茶)に変色してしまったんですけど。。。」

お客様から、こんな相談を受けたことがあります。

お風呂場で「ピンク色」と言ったら、先ほどの「セラチア」や「ロドトルラ」を思い浮かべますが、今回は違うようでした。

「漂白剤を塗った」というのが、ポイントです。

ズバリ考えられるのは、「水道水に含まれる鉄分が、漂白剤と反応して酸化されたため」です。

鉄は酸化すると「赤さび」になるので、「赤っぽい」「ピンク色」になるのです。

酸化してしまった場合は、簡単には落ちにくいです。クレンザーでこすり洗いしたり、「衣料用の還元系漂白剤」を使い酸化した鉄分を「還元」するようにしてください。

完全には落ち切れないかもしれませんが、だいぶ薄くなると思います。

 

関連記事

  1. 洗面台と壁とのすき間コーキングで埋めたほうがいいの?

  2. 水回りのコーキング打ち直し、失敗しないための業者選びのポイント