樹脂サッシの紫外線による劣化

もうかれこれ20年近く、毎年大掃除の依頼をいただくお客様がいます。

先日ひさぶりに、お邪魔させていただきました。

初めてお伺いした時には、小さな赤ちゃんだった子が、いまはもう大学生です。

月日が経つのは、早いなぁ~と昔を懐かしく思ってました。

そして作業を始めようと、サッシ窓を開けたときに、ある異変に気が付きました。

サッシレールの上に、なにやら「薄いプラスチック製の破片」が落ちていました。

なんだろうと思い、人差し指と親指でつまみ上げ、じっくりと見てみました。

すると樹脂サッシの、樹脂の一部分だということが、分かりました。

そして目線を、サッシ枠に沿って一周一回りさせたのです。

すると予想通り、樹脂部分が剥がれている部分が見つかりました。

サッシ枠をよく見ると、樹脂がかがれかけている部分もあったのです。

劣化してたのは、日当たりがいいサッシだけ

サッシ窓を掃除しながら、ある一つの事実に気が付きました。

それは北側の日が当たらない樹脂サッシは、劣化により影響がなかったということです。

樹脂が剥がれ落ちていたのは、日当たりのいいサッシだけだったのです。

ということは。。。

紫外線の影響で、樹脂部分が劣化したと考えられます。

というか間違いなく、紫外線が影響していることは間違いありません。

樹脂サッシの寿命ってどのくらいだろう?

今回のお客様のところでは、十数年経った頃から、劣化の症状が分かるようになったようです。

そこで、「樹脂サッシの寿命って何年くらいなの?」という疑問を持ちました。

さっそくネットで調べてみました。

「樹脂サッシ工業会」という団体のサイトを見つけました。

そこには、こう書かれていました。

塩ビ樹脂そのものは50年以上の長寿命ですが、実際のサッシではその使われ方や環境が影響します。樹脂サッシは1975年の販売開始以来、約30年経過しましたが、この間問題なく機能を維持しています。

確かに樹脂の一部分が剥がれていましたが、機能的には問題ないように思えます。

ただ見栄え的には、あまりいいとは言えません。

サッシはリフォームでも、あまり交換することは多くありません。

サッシを選ぶ際には、よく考えるようにしましょう。

関連記事

  1. HDDからSSDに変えたらPC買換えしなくて済んだ

  2. ホースを潰さず90度曲げたい時に使うL型コネクター

  3. キーボードは便座より5倍も汚れていると英国のコンピュータ誌が発表

  4. ドアが閉まるバタン音にお悩みなら、後付けドアクローザーで解決

  5. 整理だけでは片付けてもすぐに散らかってしまう!整理と整頓の違い分かりま…

  6. リールホース買ったら絶対一緒に買っておくべきL字コネクター