キャッシュレス決済(PAYPAY,LINEPAY)でご依頼いただいた場合、5%還元されます。

パソコンのファンが爆音。PCIスロットファンに変えてみた

PC部屋に入ると、すぐに異変を感じました。

部屋のどこからか、結構大きな音がするのです。

あたりを見渡すと、その音がパコソンから発生しているのに気付きました。

パコソンの内部からのようです。

過去の経験から、パソコン内のファンからだとすぐに想像できました。

このパソコンにつているのは、「ケースファン」「CPUファン」「TVチューナーファン」です。

順番に調べてみると、TVチューナーボードについているファンから音がしていました。

どのくらいうるさいか、騒音計を使って調べました。

63dBでした。

60dBだと、「普通の会話」「騒々しい街頭」「自足40Kmで走る自動車の内部」に匹敵する騒音レベルだそうです。

物音がほとんどしない部屋なので、63dBは相当にうるさく感じます。

我慢できるレベルではありません。

とりあえずPCの電源を落とし、ボードを取り外しました。

 

この小さいファンから、爆音が発生していたのです。

そこで、このファンだけを購入して交換しようと思いました。

ただ以外にも、このファン高いのです。。

もう少し安く済ませる方法はないかと考え、思いついたのが「PCIスロットファン」でした。

チューナーボード下のPCIスロットにつけるファンです。

早速、amazonで購入しました。

急ぐのときは、amazonとっても助かります。

夜中に注文して、翌日にはもう届きました。

届いたのが、こちらの商品。

さっそく開封して、組み立ててみました。

スチール製なので、結構重みはありますが、その分頑丈そうです。

あとはこれを、チューナーカードのスロットに取り付けるだけ。

ただ真下のスロットだと、干渉してしまい取り付けられませんでした。

なので、2つ下のスロットに取り付けました。

大きさからもわかるように、120mmファンのほうが、既存のものより風量が全く違います。

こっちのほうが、ぜんぜん冷えると思います。

そして肝心の、音ですが・・・

全く気になりません。

もう一度、騒音計で測ってみました。

40.2dBでした。

40dBだと「静かな住宅地」「深夜の市内」「図書館」といったレベルです。

これで安心して、パソコンを使えます。

よかったぁ~。

 

関連記事

  1. スキマ風がどこから部屋の中に入ってくるのか調べる方法

  2. 梅雨に猛威を振るうカビ。実は意外な場所が危険だった!?

  3. キーボードの分解掃除の仕方

  4. 中国製シガーソケットコンセント買ったら、出力詐欺で使えませんでした

  5. 冷蔵庫掃除は冬の時期が適している理由と掃除のタイミングに向けて事前に準…

  6. 梅雨時期のお悩み「洗濯物の生乾き臭」問題を解決する