問合せフォーム「Contact Form 7」のスパム対策。2つ試してみました

当サイトは、wordpressで作っています。

その中の、問合せページには「Contact Form 7」という非常に便利なプラグインを利用してます。

とても人気があり、日本のみならず、海外でも広く使われています。

ただ人気があり多くの方が使っている分、スパムの標的になることも多いのです。

先日、迷惑フォルダを調べたら、1日あたり200-300件位のスパムメールが送られていました。

そして、そのスパムメールの中に、なんとスパムではないちゃんとした問合せメールが含まれていたのです。

「これは、やばい!」と思い、スパム対策を調べてみました。

すると、2つのスパム対策が有効ではないだろうかと思い立ちました。

1.フォームに確認ボックスを追加する

2.googleの「reCAPTCHA」というスパム防御システムを使う

フォームに確認ボックスを追加する

まず最初のスパム対策として、「確認ボックス」をフォームに追加してみました。

フォームの一番下に、ボックスを追加して「内容をご確認の上チェックを入れてください」とコメントしてみました。

このボックスにチェックを入れないと、送信できない仕組みです。

これで、スパムロボットが諦めてくれればいいのですが。。。

確認ボックスを設置して、1日待ちました。

そして迷惑フォルダを見てみると・・・

相変わらず、大量のスパムメールが届いていました。

どうやら単純なチェックボックスだけでは、スパムを止めることは出来ませんでした。

そこで第2の対策「reCAPTCHA」を導入しようと思います。

「reCAPTCHA」導入

「reCAPTCHA」を導入しました。

reCAPTCHAには2つのバージョンがあります。

reCAPTCHA V2 とreCAPTCHA V3 の2つです。

reCAPTCHA V2 のほうは、チェックを入れさせてから送信させる仕組みです。

こんな感じです。

見たことある方も多いのではないでしょうか。

「私はロボットではありません」にチェックさせる以外に、画像から車などをチェックするといった作業が必要でした。

reCAPTCHA V3 のほうは、ユーザーに何もさせず、自動的に「人間なのかロボットなのか?」を判断するようです。

今回はreCAPTCHA V3 のほうを導入しました。

入力するときに、あまり煩わしくないほうがいいですよね。

「Invisible reCaptcha for WordPress」というWordPressプラグインをインストールすれば簡単に導入出来ました。

導入方法は検索すれば、すぐに出て来るので、割愛いたします。

で、導入してから、スパムメールはどうなったかというと・・・

1件も来なくなりました!

これで、スパムメームのチェック時間が大幅に短縮されそうです。

よかった。よかった。

 

 

関連記事

  1. パソコンのファンが爆音。PCIスロットファンに変えてみた

  2. ジャパンネット銀行のビジネス用口座をお持ちでPAYPAYに加盟している…

  3. ベランダ掃除のついでに通気口の防虫網が目詰まりしてないかチェックしてみ…

  4. 台風で崩壊した外壁の補修工事費用400万円を火災保険で全額で支払えた話…

  5. いろんな掃除のお値段

  6. リールホース買ったら絶対一緒に買っておくべきL字コネクター