キーボードは便座より5倍も汚れていると英国のコンピュータ誌が発表

英国のコンピュータ誌が、キーボードに健康に悪影響をもたらす可能性があることを発見しました。

Which?Computing誌は、同誌のロンドンのオフィスにあるキーボード30台のバクテリア検査を研究所に依頼しました。

その結果は衝撃的であると同時に不快なものでした。

科学者たちは、検査したキーボードのうち5つが病気のリスクを抱えているていると語りました。

さらに、そのうちの1つには、衛生当局が定める安全値を150倍も上回る量の細菌が付着していました。

この結果は、その(150倍の細菌が付着している)キーボードは便座より5倍も汚れていることを示しました。

研究者たちは、発見された病原菌には下痢や胃腸障害など食中毒に似た症状を引き起こす可能性があるとしています。

彼らはキーボードの上一段の文字になぞらえ、これらの病気を “QWERTY tummy(QWERTY腹、またはQWERTY腹痛)”と名づけました。

依頼した雑誌は、健康と腹痛の回避のために、定期的にキーボードを清掃することを勧めました。

Which? Computing誌は、インタビューした人の内の約半数が1か月に1回未満しかキーボードを清掃しないと発表した。

また、インタビューした人々の内10%が決して(キーボードを)清掃しないと言いました。

編集者のサラ・キッドナーは、「ほとんどの人は、自分のPCに蓄積している汚れについてあまり考えません。しかし、あなたのコンピュータを掃除しないのは、便所で昼食を食べるのと同じようなことです 」。

細菌やバクテリアの主な発生源は、労働者が自分の机で食事している時に、キーに落ちるパンのかけらなどの小さな食べ物のかけらです。

ポテトチップスやフライドポテトを食べた時の油っこい指もバクテリアを引きつけます。

ウエスト・ロンドン(西ロンドンの秘書であるジョーン・バクスター)は、この発表に衝撃を受けたと発言しました。

「私のキーボードが私を病気にする可能性があるとは全く思っていませんでした。私のキーの下にどんな厄介なものが隠れているのか、知るのが怖いです」

関連記事

  1. キーボードの分解掃除の仕方

  2. ドラム式洗濯機の排水フィルターがマジやばい!1か月に1回掃除してますか…

  3. 電気ポットや加湿器に付着する白いカリカリってなに?