12月の注文が増えてきました。年末希望の方はお早めにご注文下さい。

ダンボールの置き場所に困っているなら『ダンボールストッカー』で即解決

最近は、インターネット通販で買い物をするのが当たり前になってきました。

  • 実店舗まで足を運ばないので、忙しい人には便利。
  • 夜中でも、インターネット通販なら買い物が出来る
  • 今日注文しても明日には届く

このように便利なインターネット通販ですが、困ることがあります。

それは、梱包材としてのダンボールです。

  • 意外とがさ張り保管場所に困る
  • 行政の資源回収日は月1回だけなので、すぐ溜まってしまう
  • 大小さまざまな大きさなので、すぐバラバラになってしまう

みなさんもダンボールの保管に困っている人が多いのではないでしょうか?

そこで、今回『ダンボールストッカー』という商品を購入してみました。

ダンボールストッカー

  

大きさは思っていたよりも小型でした。

サイズ:約W25×D19.5×H40cm

「ダンボールであれば12~15枚ほど収納できます」と記載あります。

ただし薄いダンボールであれば、12~15枚収納できるかもしれませんが、厚いダンボールであればそんなには入らないと思います。

この『ダンボールストッカー』の特徴をまとめてみました。

  • 意外とがさばらない(奥行19.5センチ)
  • キャスターが付いているので、移動するのが楽ちん
  • 重量があるので、安定性があり、倒れにくい
  • デザインがシンプルでスッキリしている
  • デパートの紙袋等をストックするのにも使える

ダンボールストカータワー

こちらは『ダンボールストッカー』より少し大型タイプの『ダンボールストッカータワー』です。

サイズ :約W30XD23XH43.5cm

使い勝手は、ダンボールストッカーと同じですが、特質すべき特徴があります。

それは、「そのまま結束できる」という点です。

底の部分にスキマがあり、そこにヒモを通すことでダンボールをそのままの状態で縛ることが出来るのです。

関連記事

  1. 大掃除のついでにやって欲しい3つの事

  2. 排水口の臭いでうんざりのあなたへ / 4つの原因と対策を徹底解説 / …

  3. ごちゃごちゃしていた充電ケーブルをスッキリ整頓してみた

  4. キーボードは便座より5倍も汚れていると英国のコンピュータ誌が発表

  5. 「足のつま先冷え対策」スリッパにアルミホイルを試してみて気付いたこと

  6. 壁紙のカビ対策はビニールクロスから紙製壁紙に変えること