そろそろエアコンをキレイにして夏の準備をしませんか?

パソコンが故障して慌てる前に定期的な『掃除』は必須!掃除するなら夏直前の今でしょ!

それは、ある夏の暑い朝の日のことでした

毎年、夏が近づきパソコン作業していると、忌まわしい忘れられないあの日のことを思い出します。

あの日とは、数年前のとても暑い日のことでした。

その日は朝から日差しが強かったのを覚えています。

いつものように、扇風機をかけてパソコン作業していると『バチッ』という音とともにパソコンの画面が暗くなりました。

『えっ』と驚きながら、すぐ隣にあるパソコン本体のほうを向くとパソコンから『ケムリ』が出ているではないですか!

そして、鼻元に『少し焦げ臭い』が漂ってきたのです。。。

一瞬何が起こったのか分からなく、呆然とパソコン本体をしばらくの間見つめていました。

『もしかしてパソコンが故障!?』

暑い夏の日なのに、ぞくぞくっと震えました。

頭の中が真っ白になったのです。

なぜならパソコンの中には、仕事上の大切なデータが入っていたのです。

当時の私は、パソコンの中のデータのバックアップを取っていなかったのです。。。。

そのあとは、飲まず食わずで3日間ほど、データ復旧に時間を費やしました。

今となっては、笑い話で懐かしくも思えるのですが、当時は死の宣告を受けた受刑者のような3日間でした。

原因はパソコン内部のホコリが原因だった

さてパソコンが故障した原因は、何だったと思いますか?

故障した箇所は、電源装置でした。

パソコンの吸気口にホコリがつまり、十分な空気が電源装置を通過することができなかったのです。

本来であれば空気が通過することによって、熱を発する電源装置を冷やすのです。

しかしホコリによって冷却が阻止され、電源が熱を持ちすぎてしまい、オーバーヒート状態になってしまったのです。

パソコンの最大の敵は『熱』なのです。

パソコンは常に発熱して、内部は熱がこもっています。

その熱をうまく逃すために、『吸気口』から空気を吸っているのです。

その空気口がホコリでふさがれいたら、内部に熱がこもり、処理速度が低下したり、再起動を繰り返したり、最悪今回のようにパソコンのパーツが故障してしまうことがあります。

パソコンの掃除は暑くなる夏の前にすること!

気温が低い冬であれば、多少ホコリで通気口が詰まっていても、熱によるトラブルは発生しにくいと思います。

しかし夏になると、ただでさえ熱がこもりがちなパソコン内部は、サウナのように熱も持ちます。

十分な空気の通りがないと、それこそいつ故障してもおかしく状態が続きます。

パソコンの掃除をするなら、暑い夏になる前にするのがベストタイミングです。

パソコンの中を覗いてみよう

パソコンのサイドパネルを外すと間な感じです。

タワー型なので、筐体自体も大きいため、中の空間は思うほど狭くはありません。

小型やミニタワー型パソコンだと、中の空間は狭くなるので、タワー型よりも熱については注意したほうがよさそうです。

主に掃除したほうがいい場所は2か所あります。

CPUクーラーと電源です。

CPUクーラー

写真中央に見えるプロペラは、CPUファンです。

CPUファンの奥に金属のようなものが、ヒートシンクです。

そのヒートシンクの下にCPUがあります。

CPUは非常に高温になるため、ヒートシンクに熱を伝えます。

そしてヒートシンクに熱をCPUファンを回転させることにより、放出させるのです。

それで、よく見るとヒートシンクにホコリのようなものがついているの分かりますか?

このようにヒートシンクにホコリが詰まってしまうと、うまく熱が放出することができなくなります。

では、このCPUファンを外してみましょう。

やっぱりというか、ホコリが結構詰まっていますね。。。。

この状態で夏を迎えるとやばいですよ!

そして、外したCPUファンの裏側はこちら。

羽の部分にホコリがついているのが分かります。

ファンにホコリがついてしまうと、モーターに負荷がかかり、故障の原因にもつながります。

CPUファンから異音がする場合、ホコリが原因のことも多いので注意するようにしましょう。

ヒートシンクについたホコリはブラシやエアダスターでしっかりと取り除いてください。

パソコンの内部を掃除するブラシは『静電気防止』タイプのものが良いと思います。

特に冬場は、静電気が発生し、パソコンの基盤が壊れてしまう可能があるからです。

エアダスターは逆さまにしても使えるタイプのものがおすすめです。

電源

あとCPUクーラーのほかに、掃除したほうが良いのは『電源』です。

あの悪夢の日に壊れた『電源』を掃除します。

見るからにやばそうな雰囲気しませんか?w

毎年掃除してますが、1年でこんなにホコリだけになるんです。

本当は、ホコリ少ない場所にパソコンを置くべきなのですが。。。。

では、電源を分解していきましょう。

分解といってもネジを外せば、すぐに分解できます。

CPUファンよりもホコリがついていますね。

そして電源内部も、ホコリまみれです!

こちらも、ブラシやエアダスターを使ってホコリを取り除いて下さい。

関連記事

  1. 電気ポットや加湿器に付着する白いカリカリってなに?

  2. ダイエット中の方に朗報!アボガドの黒ずみを簡単に抑える方法を発見しまし…

  3. ダンボールの置き場所に困っているなら『ダンボールストッカー』で即解決

  4. いろんな掃除のお値段

  5. 冷蔵庫掃除は冬の時期が適している理由と掃除のタイミングに向けて事前に準…

  6. コンセントスイッチ周りから入り込む隙間風。たった38円で出来るおてがる…