梅雨明け後から大変混みあいます。ご検討されている方はお早めにご注文下さい。

寝苦しい夏。翌朝目覚めのぐったり、だるいを解消する対策法・対策グッツ

毎年、夏になると暑くてなかなか寝付かれなかったり、朝起きると汗でびっしょりってこと多くなりますよね。

また暑くて寝付けないので、エアコンつけっぱなしで寝ると翌日カラダがだるくてしょうがないですよね。

夏になると、寝不足気味になったり、疲労感がなかなか取れない方も多いかと思います。

そこで寝苦しい夜も、快適にぐっすり眠られる方法や対策グッツを紹介していきます。

なかなか寝付けないのは「深部体温」が低下しないからです

「深部体温」という言葉きいたことありますか?

文字通り、体温の種類のことだと想像できるでしょう。

体温は測る場所によって違ってきます。

体の表面の温度と脳や内臓などの体の中の温度は異なります。

体の表面の温度を「皮膚温」、体の中の温度を「深部体温」と呼びます。

「深部体温」が、「眠り」と非常に関係があるのです。

上記グラフから分かるように、就寝時間が近づくにつれ深部体温が徐々に低くなっています。

つまり、深部体温が下がらないと眠りにつけないということになります。

単にエアコンや扇風機で体温を下げればいいてっもんじゃないです

じゃあ体温を下げるために、エアコンや扇風機を使って、部屋の温度をさげればいいじゃん。

と真っ先に思うと思います。

たしかにエアコンや扇風機を使うことは、間違いではありません。

しかし使い方を間違うと、逆効果になってしまいます。

エアコンを長時間使い続けると、末梢血管が収縮し、血液の循環が悪くなります。

すると体がだるく感じるのです。

人によっては、手足の冷え、肩こり、腰痛などを引き起こすこともあります。

また扇風機も、直接風に長時間あたると、エアコン同様に「だるさ」「倦怠感」を感じることになります。

寝苦しい夜のエアコン・扇風機の上手な使い方

そうはいっても、エアコンや扇風機を使わないと、蒸し暑く感じなかなか寝付けません。

そんな時は、エアコンや扇風機を使っても構いません。

ただし正しい使い方を覚えておいてください。

エアコンの温度は26-28度に設定する

設定温度を、「外の温度より5℃以内に抑える」ことが重要です。

屋内と外気の温度差が大きいと自律神経のバランスを崩してしまいます。

「エアコンの冷やしすぎは厳禁です」

湿度が高い時には、除湿機能を使う

ムシムシした夜には、除湿を使うことで、室内の冷やしすぎを防ぐことが出来ます。

たとえば同じ25℃の部屋でも、一方は湿度が40%、かたやもう一方の部屋は湿度80%だとします。

同じ気温が25℃でも、湿度80%の部屋のほうが断然暑く感じるはずです。

ということは温度を下げないでも、湿度を下げれば体感的に涼しく感じるのです。

湿度が高い夜には、エアコンの除湿機能を有効活用しましょう。

カラダに直接風をあてない

長時間、直接肌に風を当て続けると、体温が急激に下がり、風邪をひいてしまったり、体調を壊してしまいます。

エアコンや扇風機を使うときには、風邪を直接あてないように工夫してください。

エアコンの配置場所などによって、どうしても風が直接当たる場合には、エアコン風よけカバーを使ってみてください。

不快な湿度を取り除く、おすすめグッツ

むやみに部屋の温度を下げすぎないとことが重要です。

室温を控えめにして、それでも寝付けないという場合には、湿度を調整できるこんなグッツをおすすめします。

除湿シート

敷きパッドやシーツの下に、除湿シートを引くようにしてみてください。

シートが湿気を吸い取るから、カビやダニの発生や、いやな匂いを防ぐ効果も見込めます。

また、この商品は洗濯OKなので、いつも清潔に使うことができます。

布団乾燥機

湿度対策には、布団乾燥機がもっとも効果的です。

乾燥機を使った後は、寝具はふっくらとして、とても気持ちいいものです。

わたしのおすすめの布団乾燥機は、アイリスオーヤマの「FK-C2-WP」です。

気に入っている点は・・・

1.乾燥マットが不要(直接本体を布団の中に入れる)

2.付属のくつ用乾燥アタッチメントを使えば、靴の乾燥も出来る

3.衣類乾燥モードが付いている(室内干しのとき使っている)

4.小型でがさばらない

空調ベッド

マットの中を空気が流れる仕組みになっています。

エアコンや扇風機を使っても、どうしても背中だけ汗かいていませんか?

そんなときにおすすめなのが、空調ベッドです。

空調服を作っているメーカーさんが開発したそうです。

モーターを使って、空気の流れを作っているようですが、モーター音は気にならないようです。

冷却シート

熱が出た時に、冷却シートを使う方が多いと思います。

けど寝苦しい夜にも、活躍してくれます。

おでこにペタッと張るだけです。

 

関連記事

  1. 大掃除のついでにやって欲しい3つの事

  2. ごちゃごちゃしていた充電ケーブルをスッキリ整頓してみた

  3. 『掃除』するのに便利な脚立の3つの条件とは?

  4. キーボードの分解掃除の仕方

  5. 受信ファックスをメール転送して外出先でもスマホで確認する3つの方法

  6. HDDからSSDに変えたらPC買換えしなくて済んだ