梅雨明け後から大変混みあいます。ご検討されている方はお早めにご注文下さい。

追い焚きすると、お湯がくさい。原因は前日の残り湯でした

「追い焚きすると、お湯が匂うけど、風呂釜洗浄で臭いの取れますか?」という質問を受けることがあります。

その場合、逆にこんな質問をします。

「前日の残り湯を追い焚きしてませんか?」

そうすると多くの方が「はい。その通りです。残り湯を沸かしなおしてます。」と言います。

では、どうして、前日の残り湯を追い焚きして沸かしなおすと、臭くなるのでしょうか。

一晩放置すると細菌は約1,000倍に激増!

下記の表は、入浴人数の異なる3家庭で、浴槽のお湯の細菌数を調べた結果です。

入浴人数 入浴前 入浴直後 一晩放置後
2名 40 110 250,000
3名 40 360 290,000
5名 80 2,700 1,200,000

細菌数:1mL当たりの細菌の個数。培養検査によって算出。

どの家庭も入浴後には、細菌数が数倍から数十倍に増加します。

これは人の体(皮膚など)に付着した細菌が、お湯の中に流れ出したからです。

そして恐ろしいことに、お湯を抜かずに一晩放置すると、約1000倍に増殖してしまうのです。

このように一晩おいた細菌だらけの、お湯を沸かしなおすと匂いがするのです。

お風呂のお湯は毎日取り換えることをおすすめします

お風呂の残り湯を翌日に沸かしなおしたり、洗濯に使ったりするかたも多いかと思います。

たしかに、そのほうが「水道料金の節約」になります。

ただ衛生面で考えると、おすすめしません。

雑菌まみれのお湯で洗濯すると、洗濯物に雑菌が付着して、生乾きのような匂いが付いてしまします。

でもどうしても、お風呂の残り湯を使いたい方には、「除菌剤・消臭剤」を使うようにしてください。

水が溜まっている場所は、どうしても雑菌が繁殖してしまいます。

家の中であれば、「お風呂」「洗濯機」「加湿器」などです。

 

関連記事

  1. アトピー性皮膚炎と追い炊き配管

  2. おいだき配管自動洗浄ではたして本当に汚れないのか?

  3. 追い焚き配管(風呂釡)から出て来る3種類の黒い汚れの正体とは?