年内の予約はほぼいっぱいとなりました。来年は1/6(日)から営業を開始しております。

ハウスクリーニング屋さんと手の腱鞘炎

みんさん、腱鞘炎(けんしょうえん)という言葉を聞いたことがありますか?

わたしの実家では、理容業を営んでおり、父親がよく「腱鞘炎」に悩んでいたので、この言葉は小さい時から知っていました。

腱鞘とは、骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える滑車のような働きをする組織です。

腱鞘炎とは、この腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こす病気です。


薬と健康の情報局より引用

パーマ屋さんや床屋さんは『ハサミ』の使い過ぎで、「腱鞘炎」になる人が多いようです。

毎日毎日、数百回、数千回ハサミを使っているので、親指に負担がどうしてもかかるのだと思います。

主に親指の使い過ぎで起こる「ドケルバン病」(狭窄性腱鞘炎)

腱鞘炎にもいくつか種類があるようだが、主に親指の使い過ぎによる腱鞘炎のことを「ドケルバン病」と呼ぶようです。

ハウスクリーニングの仕事をしている人は、パーマ屋さんや床屋さんと同じように「親指を酷使」する動作が多いのです。

  • タオルを絞る動作が多い
  • 指に力を入れ「擦る」動作が多い
  • ブラシやスポンジなど掃除道具をつかむ動作が多い

とくに五徳のこびり付きを一枚刃で削り落としたり、シンク磨きの時の指には相当な力が入っています。

なので知り合いのハウスクリーニング同業者に聞くと、ほとんどの方がドケルバン病にかかってるようです。

しかし中には、腱鞘炎には無縁の人もいます。

もともと腱や腱鞘が丈夫なのか、はたまた親指に力を入れないでも汚れを落とせる技術があるのか。。。。

腱鞘炎対策法

腱鞘炎になって、病院に行っても何もしてくれません。

せいぜい湿布薬も渡される程度です。

病院の先生からは、『なるべく親指を動かさないようにしてください。そうすれば、そのうち治ります』と言われます。

しかしハウスクリーニングでは、手を動かさなければいけないで、親指が動いただけで激痛が走るのです。。。

そこで腱鞘炎に効く、アイテムを紹介します。

「親指サポーター」というものです。

名前の通り、親指をサポート(ホールド)するアイテムです。

親指を動かすと、痛みが走るので、親指を固定してしまおうというものです。

数週間、いやへたすると1,2か月の間、仕事を休んで療養できる余裕があるのであれば、そのほうがよいと思います。

けど、そんな余裕がある方は少ないと思います。

なので親指を固定する方法が一番よいのかと思います。

関連記事

  1. カーペットに絡みついた汚れを撃退!便利おそうじグッズの紹介

  2. 世界の大掃除について調べてみた

  3. ハウスクリーニングでトラブルにならないための事前に確認すべき4つのポイ…

  4. 掃除家電を使って大掃除は時間短縮を目指そう!

  5. 家事えもん最新ラクラク大掃除プラン

  6. 伝統的な掃除道具について考えてみた~箒(ほうき)と雑巾