加湿器にミネラルウォーターを入れてはいけない2の理由

みなさんは、加湿器には水道水を入れていますか?

それとも、ミネラルウォーターを入れてますか?

調べてみると、水道水を入れている方が多いようです。

しかし、ミネラルウォーターをいている方も少なくはないようでした。

加湿器にミネラルウォーターを入れる方に、理由を聞いてみました。

すると、概ねこんな回答でした。

■水道水よりミネラルウォーターの方がキレイそうだから

■蒸気が皮膚に触れるので、飲んでも大丈夫なミネラルウォーターを入れています

どうも水道水よりミネラルウォーターの方が綺麗で安全そうというのが理由でした。

加湿器の説明書には、水道水以外の水を入れてはいけないと記載されてます

水道水でもミネラルウォーターどちらを加湿器に入れても問題なさそうです。

しかし、ミネラルウォーターを入れちゃダメみたいです。

そこで、加湿器メーカーの説明書を調べてみました。

アイリスオオヤマ サーキュレーター加湿器 HCK-5519 取扱説明書より

パナソニック ヒーターレス気化式加湿機(中小容量タイプ) FE-KXS07 取扱説明書より

シャープ 加熱気化式加湿器 HV-H55 H75 取扱説明書より

メーカー各社の説明書には、「水道水以外の水は使わなでください」と注意書きされています。

やはり、ミネラルウォーターは使ってはいけないようでした。

加湿器にミネラルウォーターを入れるとどうなるのか?

説明書にも少し理由が書かれていましたが、ミネラルウォーターを使うとどうなるのかをまとめてみました。

2つの悪影響がでるのです。

カビや雑菌が繁殖しやすくなる

飲料用水道水は、衛生面から塩素を使い消毒を行っています。

蛇口での残留塩素濃度を0.1mg/L以上保持ことが水道法で定められているのです。

いっぽうミネラルウォーターには、塩素は含まれていません。

なのでミネラルウォーターのほうが、カビや雑菌が繁殖しやすいとお言う訳なのです。

ミネラル分で吹き出し口やタンクがガビガビになる

水道水にも、ミネラルウォーターにも、どにらにも「ミネラル分」が含まれています。

ミネラルとは、カルシウム・マグネシウムなどの無機塩類のことです。

ミネラルは人間にとって、体の組織を構成するのに重要な成分です。

しかしミネラルは時に、悪影響を与えることもあります。

水道の蛇口に着く白い水垢です。

蛇口についた水が、時間経過とともに徐々に蒸発していきます。

水分が蒸発すると、そこにマグネシウムやカルシウムが残るのです。

それが水垢なのです。

その水あかの原因となるミネラルの量が、水道水に比べミネラルウォーターのほうに多く含まれているのです。

なのでミネラルウォーターを加湿器に使うと、蒸気吹き出し口や水タンク内に水垢が付着し、ガビガビになってしまうのです。

地域によって、だいぶ差はありますが、全国平均で50mg/l(硬度)にたいし、ミネラルウォーター(エビアン)は304mg/lなので、ミネラル量が多いのです。

ミネラル量が多ければ、当然水垢が発生しやすくなるのです。

関連記事

  1. 掃除しやすい加湿器 / お掃除屋さん目線で分析しました