キャッシュレス決済(PAYPAY,LINEPAY)でご依頼いただいた場合、5%還元されます。

五徳を漂白剤と一緒に鍋でグツグツ煮た結果とんでもないことに

洗剤類を保管しているスチールラックの前を通った時、床に茶色いシミのようなものに気付きました。

誰かが、コーヒーでもこぼしたのかと雑巾で拭いてみたのです。

すると、どうやらコーヒーや紅茶などではないようです。

何だろうと思いながら、視線を上げてみると・・・

なんとスチールラックに、穴が空いていたのです!

この穴の上には、次亜塩素酸ナトリウムの倒れていました。

そしてキャップが十分に締められていないようで、次亜塩素酸ナトリウムがこぼれだしていたのです。

漂白剤の主成分は、次亜塩素酸ナトリウムです。

次亜塩素酸ナトリウムは、強い酸化作用があります。

金属が酸化するということは、腐食するということです。

五徳を次亜塩素酸ナトリウムにつけると・・・

そのとき、ふとあるお客様のことを思い出しました。

その方は、キッチンの掃除を依頼されました。

そしてガスコンロの五徳を見た時、ある異変に気付いたのです。

五徳が穴だらけで、鍋を置く部分がグラグラとしてました。

ビックリしてお客様に、そのことを聞いてみました。

すると。。

「あーそれね。ネットで調べたら、漂白剤で煮ると五徳の焦げ付きが落ちるって書いてあったので、実際にやってみたらボロボロになっちゃったの」

あー、なるほどー。

そして、このあとこんな質問をしてみました。

「もしかして、塩素系漂白剤を使いましたか?」

「塩素系??キッチンハイターを使ったの」

漂白剤は2種類あります。

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の2つです。

どうやら、塩素系と酸素系の違いがよくわからないまま、塩素系漂白剤を使ったようでした。

次亜塩素酸ナトリウムの酸化作業は、想像以上に凄まじいものです。

塩素系漂白剤は、長時漬けておくと、金属や繊維を腐食させてしまいます。

みなさんも、くれぐれもご注意下さい。

 

 

関連記事

  1. キッチンの換気扇を回すと浴室から臭う!?原因はたった1枚のパッキンだっ…

  2. 冷蔵庫を設置する前に必ずやるべきこと(特に賃貸)。それは凹み対策です

  3. 蛇口の根本の水あか汚れは付着してからだともう遅い!「悪魔の輪」を防止す…

  4. キッチンの水栓(ワンホール混合栓)交換、自分でも意外と簡単にできた

  5. 入居したらまずは水回りのコーキングのカビ対策を

  6. ガスコンロ奥のスキマが油まみれになる前にこのラックを設置しときなよ