洗濯機をかさ上げしたら水栓にぶつかった。でも「壁ピタ」でラクラク解決

洗濯機と防水パンの間にスキマを作ろうと思い、かさ上げしようしたら、水栓にぶつかってかさ上げできなかったという相談を受けることがあります。

洗濯機の水栓は、洗濯機上の壁に取り付けられていることが多いです。

かさ上げしようとすると、かさ上げ台の高さにもよりますが、洗濯機と水栓が干渉してしまいかさ上げできない場合があります。

洗濯機をかさ上げするときは、かさ上げ台の高さと洗濯機上面から水栓までの高さを考慮するようにして下さい。

また水栓の干渉を防ぐためには、パナソニック「壁ピタ水栓 CB-L6」を使えば大丈夫です。

壁ピタ水栓は、水道管を縦に伸ばすことにより、水栓の高さを10数センチ高くすることが出来ます。

モンキーレンチと水栓取外しレンチがあれば、簡単に取り付けることが出来るので、自信がある方は試してみては如何でしょうか?

取り付け方は、下記記事を参考にして下さい。

パナソニック 壁ピタ水栓 CB-L6

水栓取外しレンチ

モンキーレンチ

関連記事

  1. 洗濯機をベランダに置いてる方!台風が来る前に対策しないとダメですよ!

  2. お風呂や防水パンで排水口部品の取付順番を間違えると臭いが上がってくるか…

  3. 洗濯機の排水ホースの汚れが気になるなら傘袋をかぶせよう

  4. 洗濯機の防水パンが長方形の方へ。排水口と排水ホースが目障りじゃないです…

  5. 壁に3方囲まれたドラム式洗濯機でも設置できるランドリーラック

  6. ドラム式洗濯機のかさ上げを業者に頼まず自分で設置する方法(2名作業推奨…