いくらたってもドラムに水がたまらない。ギヤードモータの故障でした

先日ドラム式洗濯機の故障して、給水弁を交換をしたところ、順調に動いてました。

しかし安心したのもつかの間で、こんどは「ドラムに水がたまらない」というトラブルが起こりました。

水はじゃぶじゃぶ上から、落ちて来るのですが、水がたまらないのです。

排水ホースから、水がどんどん流れっぱなしのようです。

なので、いくら経ってもすすぎが終わりません。

ネットで調べると、大きく2つの原因があるようです。

1.排水バルブの詰まりにより排水バルブが閉まらなくなっている

2.排水バルブを開閉させる、ギヤードモータが故障している

メーカーに問い合わせると、15,000-30,000円程度修理代がかかるようです。

そこで、今回もまた自分で修理してみようと思います。

排水弁を見つけるために、洗濯機を分解していきます。

まずは、洗濯機下のパネルを外します。

4本のネジでとまってました。

正面に見える四角い金属ケースの中には、基盤が入っています。

金属ケースごと外しちゃいます。

すると、奥のほうに排水弁が見てました。

排水棒を引っ張ったり、戻したりすることで、排水弁が閉じたり開いたりする仕組みになっているようです。

排水弁を取り外そうとしたのですが、どうしても外せませんでした。

なんか、「コツ」があるのかなぁ~

そこで、排水棒を手で動かしてみました。

すると排水弁がちゃんと、開閉することが出来ます。

ということは、排水バルブの詰まりはないようです。

となると、排水棒を動かしている「ギヤードモータ」が一番怪しそう。。。

ということで、さっそく「ギヤードモータ」をネット手配しました。

ちなみに880円でした。送料入れても1500円以下。

手元にギヤードモータが届いたので、さっそく交換してみようと思います。

もともとついているギヤードモータを外しました。

ネジ2本でとめてあるだけです。

ただ下からネジでとまっているので、結構やりずらい。

それに狭いスペースしか取れないので、スタビードライバーじゃないと回せません。

外したら、あとは新しいギヤードモータを取り付けるだけです。

取り付けたら、分解したのと逆の手順で組み立てていきます。

運転したら、こんどはちゃんと水がたまって、すすぎができるようなりました。

 

 

 

関連記事

  1. 洗濯機をベランダに置いてる方!台風が来る前に対策しないとダメですよ!

  2. お風呂や防水パンで排水口部品の取付順番を間違えると臭いが上がってくるか…

  3. 洗濯機と壁とのスキマに落とした物を拾えるツールが便利すぎた

  4. 洗濯パン掃除が「短時間」で「簡単」にできる洗濯機水栓接続ホースが便利す…

  5. 洗濯機のかさ上げは10cm以上高くしないと、あとで困る理由

  6. 洗濯機かさ上げ台を使えば、洗濯機下をルンバが勝手に掃除してくれてメチャ…