洗濯機のかさ上げで当たり前だけど一番大切なこと

「洗濯機が倒れかけているので助けてください。ドラム式なので重くて自分たちでは何も出来ません」

といった相談を受けました。

お伺いしてみると、床にかさ上げ台を設置して、その上に洗濯機が乗せてありました。

ただし、後ろに設置してあるかさ上げ台は、洗濯機の脚から完全にずれてしまっていました。

また洗濯機が傾いているため、前脚の片方は、かさ上げ台から浮いていて、洗濯機が非常に不安定な状態でした。

さっそく洗濯機下のスキマから覗き込むと、洗濯機がズレて傾いてしまった理由が分かりました。

原因は、排水口の位置でした。

写真は、かさ上げ台を交換して、洗濯機をちゃんとセッティングしたあとのものです。

右奥に排水口が見えてますよね。

その排水口の位置が原因だったのです。

排水口の一部分に、かさ上げ台が乗り上げていたようです。

四隅の四角いのがかさ上げ台、赤い丸が排水口です。

洗濯機を置くスペースが限られているので、どうしても排水口とかさ上げ台が干渉するのです。

そして、かさ上げ台が傾き不安定な状態で運転していくうちに、洗濯機自身も振動で徐々にズレてしまったと思われます。

もう少し排水口の位置が、手前にあればよかったのですが、完全に設計ミスです。

たぶん設計された方は、ドラム式洗濯機が置かれることを想像してなかったのでしょう。

縦型洗濯機であれば、かさ上げ台を使わないで済むので、この位置でも大丈夫だと判断したのでしょう。

かさ上げ台を設置するときは、かさ上げ台の底面が、床に密着しているかどうか、十分に確認するようにして下さい。

雑巾や排水ホース、電源ケーブルなどを、かさ上げ台で踏みつけてしまうと、かさ上げ台が不安定になり、今回のように洗濯機がズレ落ちてしまうことがあります。

洗濯機が3方の壁で囲まれている場合だと、奥のほうは暗くて見えにくくなります。

その場合には懐中電灯で照らして、しっかりとかさ上げ台が設置されているか確かめてください。

ご自身でかさ上げする場合には、十分に気をるようにして下さいね。

 

 

関連記事

  1. 洗濯機をベランダに置いてる方!台風が来る前に対策しないとダメですよ!

  2. 壁に3方囲まれたドラム式洗濯機でも設置できるランドリーラック

  3. 洗濯機がすすぎの途中で止まってしまうのは排水口の詰まりが原因でした

  4. 洗濯機が給水エラーで止まってしまった時のフローチャート式対処法

  5. ドラム式洗濯機をかさ上げするなら、このかさ上げ台が最適。ちゃんと理由も…

  6. 洗濯物の生乾き臭問題はマグネシウムで解決できる