しばらく洗濯機を使わない時はトラップにフタをすること。しないと排水口からニオイが逆流するよ

旅行や用事などでしばらく家を空ける時には、洗濯機が置いてある防水パンの排水口にフタをするのを忘れないでほしい。

防水パンの排水口はトラップ構造になっていて、下水から逆流するニオイを防止してくれているのです。

排水口の中には、水がたまる仕組みになっていて、その水が下水から上がってくるニオイを防いいます。

 

しかし洗濯機をしばらく使用しないでいると、たまっている水が徐々に蒸発してしまいます。

そしてニオイを防いでいる水がなくなると、ニオイが部屋の中に逆流してくるのです。

このような防水パン排水口にたまっている水の蒸発を防ぐには、排水口にフタをすることが重要です。

「防水パン用トラップカバー」という商品が販売されています。

サイズを確認して、自分に合ったものを購入してください。

排水口に刺してある洗濯機の排水ホースを抜き取り、このトラップカバーをはめます。

すると排水口が密閉するので、水の蒸発を防ぐことが出来るのです。

しばらく家を空け帰ってきたら、洗濯機置き場が下水のイヤな臭いが充満しているかもしれません。

そのようなことがないように、長期間家を空けたり、洗濯機を使わない場合には、トラップカバーをつけておくようにしましょう。

関連記事

  1. 洗濯機を床に直接置かないで。このトレーの上に置けば水滴による床の腐食を…

  2. 日立ドラム式洗濯機。下水の臭いは乾燥を途中で止めていたのが原因でした

  3. ドラム式洗濯機で給水エラー。でも給水フィルターの詰まりが原因じゃなかっ…

  4. 洗濯パン掃除が「短時間」で「簡単」にできる洗濯機水栓接続ホースが便利す…

  5. ドラム式洗濯機のかさ上げを業者に頼まず自分で設置する方法(2名作業推奨…

  6. 洗濯機をかさ上げしたら水栓にぶつかった。でも「壁ピタ」でラクラク解決