年内の予約はほぼいっぱいとなりました。来年は1/6(日)から営業を開始しております。

洗濯機のかさ上げは10cm以上高くしないと、あとで困る理由

みなさん、「かさ上げ」っていう言葉聞いたことありますか?

漢字で書くと「嵩上げ」です。

かさ上げとは、「いままでより高くする」ことです。

持ち上げるという意味です。

なので「洗濯機のかさ上げ」とは、洗濯機を持ち上げて高くするということです。

洗濯機の下にスキマありますか?

洗濯機本体と洗濯パンの間に、スキマをつくるために、洗濯機のかさ上げをします。

最近はドラム式洗濯機が、人気があるようです。

家電量販店などに行くと、目立つ場所にドラム式洗濯機が置かれていて、縦型洗濯機は隅のほうに追いやられています。

そのドラム式洗濯機ですが、洗濯パンの上に乗せると、スキマがほとんどありません。

スキマがないときに、スキマを作るために、洗濯機をかさ上げすることがあります。

ではスキマないと何か、不都合があるのでしょうか?

なぜ洗濯機をかさ上げしてスキマをつくるのか?

では洗濯機をかさ上げしてスキマをつくるのは、なぜでしょう?

それはスキマができれば、洗濯パンや排水溝を掃除できるようにするためです。

スキマがないと手が入らないので掃除することができません。

洗濯機を使っているうちに、徐々に排水口が汚れてきます。

というか、めちゃくちゃ排水口って汚れやすいのです。

排水口の汚れをほっておくと大変なことに。。。

この汚れやすい排水口を掃除しないで、ほっておくと大変なことになりかねません。

排水口を掃除しないでいると、こんなことになります。

1.排水口がつまり、洗濯パンから水があふれだす

2.悪臭がするようになる

3.排水管洗浄ができるようになる

上記を予防するためにも、洗濯機をかさ上げして、スキマを作ることが必要なんです。

スキマをつくるには、かさ上げ台が必要

洗濯機と洗濯パンの間に「かさ上げ台」を挟み込みスキマを作ることができます。

このかさ上げ台ですが、探してみるといろいろなメーカーから販売されています。

比較的安いかさ上げ台の高さは、6cmくらいのもが多いかと思います。

高さが10cmくらいのかさ上げ台もありますが、比較的料金は高めです。

安いものだと、2,000-3,000円くらいでしょうか。

高いものだと10,000円くらいするのものあります。

高さが4cmくらいの差で、そんなに値段が違うのか?と思われるかもしれません。

しかし、この4センチの差って、ものすごい差なんです。

ドラム式洗濯機は、重いものだと100kg近いものまであります。

10cmの高さのかさ上げ台で、100kgを支えるには、かなりの強度が必要になります。

なので実際に、安いかさ上げ台と高いかさ上げ台と並べて比べてみると、その違いにビックリすると思います。

大きさもひと回り大きいですし、重量も数倍あります。

これくらい、頑丈なかさ上げ台でないと、重い洗濯機を支えることができません。

なぜかさ上げ台は10cm以上がよいの?

排水口の掃除をする場合、洗濯機の隙間から上記のような排水口のパーツを取り出さなければなりません。

封水筒やワンの大きさは約10cmの大きさがあるのです。

なので洗濯機のスキマが10cm程度ないと、排水パーツを取り出せないのです。

安めの高さ6センチのかさ上げ台を使って、洗濯機を設置したけど、いざ排水口の掃除をしようとしたら、排水パーツが取り出せないってことがないよう注意しましょう。

おすすめのかさ上げ台

株式会社テクノテックという会社が製造しているかさ上げ台です。この会社ですが、洗濯機防水パンや排水トラップの開発、製造をしているメーカーです。

その洗濯パンに熟知している会社が、作っているかさ上げ台なので、ほかのかさ上げ台と比べて安心感が全然違います。

値段は他と比べて少々お高めですが、自信をもってオススメします。

我が家の洗濯機です。ごついけどそのぶん安定感があります。また防振ゴムの上に乗せているので、前によりも振動が少なくなりました。

 

 

関連記事

  1. 洗濯パンの排水口を6カ月間自動で掃除してくれる商品を紹介します