布団を直接フローリングに敷くとカビ発生、ベッドだと邪魔だし。それならスノコで解決

布団を敷きっぱなしにして、久しぶりに布団を持ち上げてみたら、カビが生えていた。。。

こんな経験ありませんか?

人は寝ているときに、コップ1杯(180~200ml程度)の汗をかくそうです。

夏場ともなると、コップ2~3杯分の汗をかくこともあるようです。

そして、その汗を布団が吸収してくれているのです。

なので布団は湿気を、いっぱい含んでいます。

定期的に布団を干して乾燥させてあげないと、カビが発生してしまうのです。

じゃあ布団やめて、ベッドにすればいいじゃんと思う方もいると思いますが、ベッドはがさばるし邪魔だという方も多いのです。

そんな時に、おすすめの方法があります。

それは、「スノコ」を布団の下に敷くことです。

スノコを敷くことにより、布団とフローリングとの間にスキマが出来ます。

スキマが出来るので、空気の流れが出来るのです。

結果、カビが発生しにくくなります。

ベット派ではなく布団派の方は、スノコを利用することをおすすめします。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 洗面台のオーバーフロー内部はカビだらけ。完ぺきにカビを除去する方法。

  2. 災害に備えて浴槽にお湯をためておくようになってから、お風呂場がカビだら…

  3. 室内に多くいるカビ菌ベスト5

  4. お風呂の防カビくん煙剤を使うなら、エプロンを外しておくとさらに効果的だ…

  5. 押入れのカビ対策は、スノコ+除湿剤が最強説!?