浴室天井の周り縁をコーキングのブリッジ工法でキレイに仕上げました

今回のご依頼は、お風呂の天井廻り縁が剥がれ落ちてしまい、見栄えよくして欲しいという依頼でした。

天井の廻り縁が剥がれ落ちてしまい、ご覧のような状態でした。

そこで今回はブリッジ工法という手法を採用しました。

ブリッジ工法は名の通り、コーキング材をブリッジ(橋)のように厚みを持たせる工法です。

廻り縁の下にバックアップ材を貼り付け、その厚みまでコーキング材を補充します。

そして1日以上間を空け、バックアップ材を剥がし、仕上げます。

出来上がりは、こんな感じです。

浴室天井の周り縁がカビだらけで、なんとかしたいという方は、ブリッジ工法でキレイに仕上げることが出来ます。

まずは、ご相談下さい。

関連記事

  1. ガラスサッシのコーキング打ち直し

  2. ガラステーブルの隙間にコーキング

  3. ユニットバスのコーキング打ち替え

  4. 壁と床との隙間を埋める~虫や湿気の侵入を防ぐ

  5. 洗濯パン周りのコーキング打ち直し