洗面台のオーバーフロー内部はカビだらけ。完ぺきにカビを除去する方法。

洗面台のオーバーフローってどこにあるか知ってますか?

ここです。ここ。ここ。

洗面ボールの上のほうについている、この穴のことです。

排水に栓をしたまま、水を出しっぱなしにしたときに、洗面ボウルから水が溢れないようにするためにあるのです。

洗面ボールの水位が上がると、オーバーフローの穴から水が流れます。

断面図にすると、こんな感じです。

イメージできましたか?

洗面ボールの裏側に、水が流れる通路があったのです。

そんなオーバーフローですが、結構汚れやすくカビが発生しやすい場所でもあります。

顔をオーバーフロー穴に近づけて、中を覗き込んでください。

こんな風に、汚れやらカビが見えます。

さらに、このオーバーフローの中の空間で「チョウバエ」が発生することも珍しくありません。

あなたは洗面台近くで、チョウバエを見かけたことがありませんか?

もし、あるとしたら、オーバーフロー内部か、排水管内でチョウバエが繁殖している可能性が高いのです。

漂白剤を流し込むだけでは不十分。重要なのはつけ置き

オーバーフロー内部のカビをキレイにするのに、キッチンハイターなどの漂白剤を流し込む方がいます。

たしかに、効果はあると思いますが、それだけでは不十分です。

軽微なカビであれば、流し込むだけで効果があるかもしれません。

ただし重度なカビだと流し込みだけでは、効果がありません。

漂白剤を効果的に使うには、「つけ置き」が重要なのです!

1~2時間程度のつけ置きで、ほとんどのカビは取れます。

でも頑固なカビだと、それでも取り切ることが出来ないかもしれません。

そんな時は、一晩つけ置きしてください。

そうすれば、頑固なカビでも落とすことが出来るのです。

つけ置きの仕方

流し込むだけでなく、つけ置きが重要なのがお分かりいただけたと思います。

しかし!

「つけ置きってオバーフロー内を漂白剤で満たして置くってことだよね?」

「ゴム栓をして水を満たしても、オバーフロー内に流れ込む水はすぐ流れちゃうよね?」

と思う方が多いと思います。

たしかに、その通りです。

でも赤い矢印の部分を塞き止めたら、どうでしょうか?

矢印の部分を止めれば、オバーフロー内に水を溜めておくことが出来ます。

まずは洗面台下の配管を外します。

赤い矢印の2か所のナットを緩めます。

手で簡単に回すことが出来きますが、トラップ用の水が溜まっているので、下に雑巾など敷いて、濡れないようにしましょう。

ナットが外れたら、下の配管も引っこ抜いてください。

配管は、単に床に刺さっているだけです。

配管取り外したら、水を塞き止められるように、栓をします。

栓をするのに、洗面配管用エルボを使いました。

配管用の継ぎ手で、パッキンも入っているので、水漏れすることはありません。

片方は、その辺に転がってた吸盤を利用して、止めました。

そしてエルボを取り付けます。

これでオーバーフロー内に、水を溜めておくことができます。

そして、注意しながら洗面ボール目いっぱい水を溜めてください。

水がたまったら、漂白剤をどぼどぼ適当に入れます。

あとは1~2時間、待つだけ。

すっかり、カビが取れて、スッキリしました。

もし汚れが多少残っているのであれば、ストロー用ブラシでこすってみてください。

簡単に取れるはずです。

 

 

関連記事

  1. お風呂場が明るくなり、カビもとれ入浴が気持ちよくなりました

  2. スタッフさんも良く、 部屋もとても綺麗に

  3. 普段自分では掃除することのない換気扇フィルター

  4. ピカピカにしてくれたおかげでその後の掃除もきちんと

  5. 自分で掃除をしていてあきらめていた部分が・・・

  6. 風呂場に汚れが残っていた