災害に備えて浴槽にお湯をためておくようになってから、お風呂場がカビだらけになりました

東日本大震災のあと、お風呂のお湯を捨てないで、ためておく方が多くなったそうです。

震災の際に、水道の水が使えなく可能性もあります。

そうなると一番困るのは、トイレを流す水です。

浴槽の大きさにもよりますが、200-300L位の水を溜めておくことが出来ます。

かりに10Lのバケツで水を流した場合、20-30回相当の量にあたります。

トイレの水を流せないとなると、本当に不便です。

しかし、お風呂の残り湯をためておくと、思わぬ副作用があります。

それは、「カビ問題」です。

浴槽に常に水を溜めておくので、水が相当量蒸発してしまます。

すると、お風呂場全体の湿度が上がり、カビが発生するという仕組みです。

カビ対策その1:浴槽にフタをしておく

お風呂のカビ対策で一番重要なのは、お風呂蓋をしておくことです。

最近は、お風呂のお湯をためておく方が少ないせいか、風呂蓋がないことも多々あるようです。

浴槽の大きさにあった、風呂蓋を用意して、常に塞いでおきましょう。

カビ対策その2:常に換気をしておく

風呂蓋でも十分に効果はありますが、同時に「換気」にも十分に注意しましょう。

24時間換気システムが導入していれば、お風呂場も24時間換気されています。

2003年の改正建築基準法により、「24時間換気システム」はすべての建築物に設置が義務付けられています。

しかし、中には「電気代がもったいない」「換気扇の音がうるさい」などの理由で、止めてしまっている方が少なくないようです。

24時間換気システムは、お手入れの時以外は常時運転しておくようにしてください。

また24時間換気システムが備わっていない場合には、お風呂の換気扇は24時間常に回して換気するようにして下さい。

またカビ防止対策をすることも重要です。

最近では、その手軽さから「おふろの防カビくん煙剤」が人気のようです。

使い方は、水を入れてポンと置くだけ。

簡単ですよね?

効果は2か月間のようなので、定期的に使うようにしてみてください。

 

 

 

関連記事

  1. お風呂の防カビくん煙剤を使うなら、エプロンを外しておくとさらに効果的だ…

  2. 室内に多くいるカビ菌ベスト5

  3. お風呂場の床を自動で掃除してくれるTOTO「サザナ」「シンラ」シリーズ…

  4. 夫や子供が入った後、お風呂のお湯が臭くて悩んでます

  5. 浴槽に浮かぶ汚れは追い焚き配管ではなく、お湯取りシステム用配管が原因だ…

  6. 給湯器がエラーコード「632」で追い焚きが出来ない!?修理業者を呼ぶ前…