お風呂の防カビくん煙剤を使うなら、エプロンを外しておくとさらに効果的だよ

最近、お風呂の防カビ燻煙剤が人気のようです。

誰もが知っているように、カビ取りって大変ですよね。

一度カビが生えてしまうと、「カビキラー」などの塩素系漂白剤を使わなければなりません。

塩素系漂白剤は、大人でも鼻がツーンとして頭がくらくらするくらいの臭いがします。

ましてや小さな子供や赤ちゃんがいる家庭では、十分注意して使わなければなりません。

カビが発生しないように、事前に防止するのが一番いい方法です。

なので、防カビ燻煙剤が流行っているのだと思います。

使い方はいたって簡単です。

容器に水を入れ、その中に缶をセット。

煙が出て来るので、あとは90分以上放置するだけです。

でも燻煙する前に、是非ともやってもらいたいことがあります!

浴槽のエプロンを外しておいてください。

エプロン内部は、湿気が多いので、カビが生えやすいんです。

もしエプロンを外して、汚れてたり、カビがすでに発生してたりしたら、掃除をしてカビを除去してから、くん煙するようにして下さい

くん煙剤は、カビを取ることは出来ません

あくまで、カビを防止するものです。

なのでエプロン内部をキレイにしてから、くん煙することをおすすめします。

エプロンを取り外して、くん煙すれば、エプロン内部のほうまで、カビ対策が出来ます。

 

関連記事

  1. ホコリやカビがつきにくい、お掃除がラクになる浴室ドアとは?

  2. ホコリで目つまりしやすい浴室ドアの通気口の掃除方法

  3. 入居したらまずは水回りのコーキングのカビ対策を

  4. お風呂場の床を自動で掃除してくれるTOTO「サザナ」「シンラ」シリーズ…

  5. お風呂や防水パンで排水口部品の取付順番を間違えると臭いが上がってくるか…

  6. 浴槽に浮かぶ汚れは追い焚き配管ではなく、お湯取りシステム用配管が原因だ…