シャワーヘッド交換したらお湯が出なくなった。節水タイプが原因でした

先日ホームセンターに行ったら、偶然シャワーヘッドに目が止まりました。

シャワーヘッドって、結構種類があるもんですね。

新築で入居してら10年以上経ちますが、シャワーヘッドは交換していません。

ごくごく普通のシャワーヘッドがついています。

不自由はないのですが、オシャレっぽいシャワーヘッドを購入しました。

家に帰ってすぐに、シャワーヘッドの交換をしました。

ネジを回すだけなので、すんなり交換できました。

そして、その夜シャワーを浴びようとしたのですが、すぐに異変を感じました。

お湯が出ないのです。

「あれっ、給湯器の故障かな?」と思い、元のシャワーヘッドに交換したらところ、ちゃんとお湯が出てきました。

ということは、新しく購入した「シャワーヘッド」が原因だとすぐに分かりました。

調べてみると、購入したのは「節水型シャワーヘッド」でした。

この「節水型」に原因があったのです。

節水型なので、当然水量が落ちますよね。

水量が少ないと、給湯器が燃焼しないようなんです。

節水型を選んだために、水量が少なくなり、お湯にならなくなったのです。

我が家のお風呂は3階にあるため、ポンプで1階から3階に水を上げています。

そのため普段でも、水圧が弱めなのです。

お風呂の水圧が弱い場合には、節水型シャワーヘッドに交換すると、お湯にならない場合にがあります。

お気を付けください。

 

 

関連記事

  1. 残り湯洗濯派の方は、洗濯用残り湯システム(ノコリ~ユECO)を検討する…

  2. お風呂のお湯が設定温度よりぬるい場合まず最初にすべきこと

  3. 浴槽のエプロンの外し方~まとめ編

  4. 入居したらまずは水回りのコーキングのカビ対策を

  5. お湯を出しっぱなし問題を解決する便利グッツを紹介

  6. 災害に備えて浴槽にお湯をためておくようになってから、お風呂場がカビだら…