お風呂場に発生しやすいチョウバエとチャタテムシ

「お風呂に虫が発生して困っている」という相談をよくいただきます。たいてい「チョウバエ」の場合が多いですが、チャタテムシが発生してしまうこともあります。

割合的にはチョウバエ85%、チャタテムシ10%、その他5%といった感じです。

チョウバエとチャタテムシそれぞれの特徴をまとめてみました。

チョウバエ

チョウバエの成虫は4-5mm程度で、体全体が灰黒色の毛でおおわれています。

チョウと言っても飛ぶ力は非常に弱く、フワフワと飛ぶ程度です。お風呂場などの壁にとまっていることが多いです。

チョウバエが発生しやすい場所

チョウバエは、家中の汚れがたまっている場所で繁殖をします。

・キッチンや洗面、お風呂、洗濯パンなどの排水溝

やはり水周りは汚れやすいので、その汚れにチョウバエが卵を産みつけ繁殖を繰り返すのです。

水周りでも特にお風呂場は発生しやすい場所になります。

「髪の毛」「石鹸カス」「皮脂汚れ(人間の体からでる)」「カビ汚れ」などお風呂場は汚れでいっぱいです。

お風呂場の中でもバスタブ下(エプロンを外す)が、一番汚れている場所です。

普段エプロンを外さなければ、見えない場所なので、注意が必要です。

チャタテムシ

大きく分けて3つの種類が存在します。

「ヒラタチャタテ」「コチャテ」「カツブシチャタテ」の3種類です。

ともに成虫は体長1-2mm程度の小さい虫です。

またヒラタチャタテ特徴は「ハネがない」のが特徴です。

チャタテムシが発生しやすい場所

・畳の下

・押し入れや収納の中

・お風呂場

・書籍

・動物標本

・お米、小麦粉、乾麺など

お風呂場で見かけるチャタテムシは、ヒラタチャタテが多いような気がします。

またチャタテムシは、「 カビを栄養源とする 」に注目しましょう。

なので、 カビが発生しやすい場所にチャタテムシは発生する のです。

ということは、お風呂場は湿度がつねにあるので、チャタテムシが発生しやすい場所なのです。

チョウバエ、チャタテムシを発生させないためには

チョウバエ、チャタテムシともに、汚れがたまっている場所で繁殖します。

なので汚れをためこまないことが重要です。常に掃除するようにしてください。

毎月1回は浴槽のエプロンを外して、掃除してください。



関連記事

  1. ホコリやカビがつきにくい、お掃除がラクになる浴室ドアとは?

  2. ついにお風呂にも自動洗浄機能が搭載!?

  3. さて問題です。お風呂のお湯はどの方向に出るでしょうか?

  4. お風呂のお湯が臭い!?フローチャートで対策が分かる

  5. 浴槽に浮かぶ汚れは追い焚き配管ではなく、お湯取りシステム用配管が原因だ…

  6. ホコリで目つまりしやすい浴室ドアの通気口の掃除方法