入居したらまずは水回りのコーキングのカビ対策を

『コーキング』ってご存知ですか?

キッチンカウンターと壁の取り合い(境目)や浴槽と壁の取り合い(境目)に埋め込められたゴム状のものです。

          

このコーキングですが、すき間に水などが侵入させないために埋め込まれています。

もしコーキングがしてなかったら、水が侵入してカビが生えたり、最悪『水漏れ』なんて結果になるかもしれません。

なのでコーキングは、重要な役目をしているのです。

ただし!

このコーキングですが、カビが発生しやすく、汚れも付きやすいのが最大の欠点です。

入居したときは、真っ白にキレイだったコーキングが、しばらくするとカビが生えたり、汚れが着いてしまいます。

 

こまめにコーキングについた水分や汚れをとってあげれば、ある程度防ぐことが出来ます。

でもやっぱり、そんな細かいことまで気にしていたら、めんどうですよね。

しかしほっておくと退去時に、入居者の管理不行き届きのために、交換費用を請求される可能性もあります。

そうなる前に、入居したらまずはコーキング対策をしましょう。

対策といっても、難しいことはありません。

コーキングの上に、防水テープを貼っておくだけでいいのです。

テープ裏面には粘着剤がついているので、しっかり固定できます。

またPVC(ポリ塩化ビニル)でできているので、柔らかくテープを張りやすいのです。

このようにとても簡単にテープを張ることができます。

面倒くさがりの方は、試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. お風呂場に発生する5色の汚れ、それぞれの正体を暴きます

  2. お湯だと思ってシャワー頭からかけたら冷水だった!心臓が止まりかけました…

  3. お風呂場の床を自動で掃除してくれるTOTO「サザナ」「シンラ」シリーズ…

  4. 押入れのカビ対策は、スノコ+除湿剤が最強説!?

  5. お風呂のグレーチング掃除がマジ面倒!高圧洗浄機なら掃除時間を1/10に…

  6. お風呂の排水口はキレイ。でもチョウバエが発生。もしかしてドア下排水口が…