ファンヒーターと電気こたつ同時に使ってませんか?そんなのもったいないよ!

実家に帰った時、石油ファンヒーターの前に見慣れないものがありました。

長いダクトのようなものがこたつの中に延びています。

「なにこれっ?」

「ストーブの熱をこたつに送ってるのよ」

「へ~~~」

ヒーターの熱をダクトを通して、送っているようです。

「いいから、こたつに入ってみてなよ」

こたつに足を入れてみると・・・

「熱っつ!」

予想以上に、ガンガンに暖かいのです。

布団をめくってこたつの中に顔を入れて覗いてみました。

すると、電気はついていません。

ヒーターの熱だけで、こんなにこたつの中があったまるとは驚きでした。

コタツ以外にも使い道はあります

こたつに熱を送り込む以外にも、いろいろと使い道がありそうです。

室内の洗濯物を乾かす

冬場の洗濯は、室内干しすることが多いと思います。

そのときに、この温風ダクトがものすごくお役立つそうです。

ダクトなので、自由にカタチを変えることが出来ます。

なので室内干しした洗濯物ののほうに、ダクトを向けて、温風を送るのです。

これだと、メチャクチャ乾くのが速いそうです。

キッチンの足元に温風を送り込む

冬場のキッチンの足元って、結構寒いですよね。

熱や湯気は、上に行くので上半身は暖かいけど、足元が寒いんです。

そのな時は、温風ダクトをキッチンに向けてみてください。

これで、足元がホカホカしてきます。

ドライヤー替わりにどうかな・・・

実際には試してみてないけど、ドライヤーとしても使えるのではないでしょうか?

ダクトなので、方向を固定することが出来ので、両手で乾かせると思います。

植毛タイプの温風ダクトがおすすめです

探すといろんな温風ダクトが販売されています。

アルミ製なので、表面は結構な温度になります。

なので、 植毛加工 されている温風ダクトをおすすめします。

植毛なら、ダクトが熱くなって火傷するのを防いでくれます。

小さなお子さんがいる家庭だと、安心して使うことが出来ます。

関連記事

  1. テッシュに群がるアリの大群。アリの巣コロリで一発退治できました

  2. ごちゃごちゃしていた充電ケーブルをスッキリ整頓してみた

  3. スマホの通信費の見直しで月4500円の経費削減できました

  4. 冬の「バチッ」が怖くてドアノブが触れない!静電気恐怖症の私が試した静電…

  5. 梅雨に猛威を振るうカビ。実は意外な場所が危険だった!?

  6. 勝手にgmailのサイドバーが折りたたみされてしまうんだが・・・