家電周りのケーブル類をスッキリさせたい方に「ケーブルボックス」をおすすめしたい

家電周り、テレビ周り、PC周り、ケーブルがごちゃごちゃしてませんか?

ケーブルがごちゃごちゃしていると、見た目が悪いだけではなく、トラッキング現象の発生を引き起こすリスクもあります。

トラッキング現象とは、コンセントとプラグの間にホコリがたまり発熱する現象です。

一歩間違えれば、火事にもなりかねません。

そこで、おすすめしたいのが「ケーブルボックス」です。

ネーミングの通り、電源ケーブルなどを、収納するケースです。

見た感じただのプラスチックの箱ですが、ケーブルを通すスリットが入っています。

プリンターやファックスなど、事務機器のケーブルでゴチャゴチャとしてました。

そして紹介したケーブルボックスに、ケーブル類を丸ごとしまい込みました。

すると、見事にスッキリしました。

今回ご紹介したのは、こちらのバッファローの商品です。

ただ普通の箱なので、100円ショップの収納ケースなどで、代用できるかもしれません。

関連記事

  1. 家の中の花粉症対策には掃除が基本。だけどいきなり掃除機はNG

  2. 外出することが多い個人事業主に最適なファックス付き電話機。絶対外せない…

  3. 整理だけでは片付けてもすぐに散らかってしまう!整理と整頓の違い分かりま…

  4. パソコンを定期的な掃除で長持ちさせよう

  5. スキマ風がどこから部屋の中に入ってくるのか調べる方法

  6. ジャパンネット銀行のビジネス用口座をお持ちでPAYPAYに加盟している…