xserverで運用しているwordpressサイトを常時SSL化にしてみました

SSLとは、インターネット上におけるウェブブラウザとウェブサーバ間でのデータの通信を暗号化し、送受信させる仕組みのことです。

また常時SSL化とは、注文を申込むページだけでなく、サイト全体をSSL化することです。

ようはサイト全体で、データのやり取りを暗号化し、セキュリティをしっかりしましょうということです。

SSL化してないと、ブラウザから注意を受けてしまいます。

次に常時SSL化の手順を簡単に説明していきます。

サーバー管理画面から独自SSLの設定をする

サーバーはXserverを使っています。

Xserverの管理画面から、独自SSLの設定を行います。

設定をすると「反映待ち」状態になります。

通常は30~60分程度で、反映されるようです。

今回は反映待ちから完全に反映するまで50分程度かかりました。

.htaccessの追加修正

SSL化して「https://www.souji.com」というURLが使えるようになっても、いままで使っていた「http://www.souji.com」というURLからアクセスがくることも少なくはありません。

この場合、どのようにしたらいいと思いますか?

それは、「http://www.souji.com」にアクセスがきたら「https://www.souji.com」に転送すればいいのです。

その転送の指定をする場所が、「.htaccess」なのです。

xserverには、管理画面から直接「.htaccess」を編集することが出来ます。

下記のコードを追加して、保存するだけです。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L] RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L] </IfModule>

wordpress設定見直し

おそうじ専科のサイトは、wordpressを使っています。

wordpressの管理画面から、httpで始まる画像のパスを修正していきます。

たとえば、下記のようなhttpで始まるURLをhttspに変える必要があります。

http://www.souji.com/wp-content/uploads/2017/04/top1.gif

https://www.souji.com/wp-content/uploads/2017/04/top1.gif

1ページずつ、修正してってもいいのですが、画像の数が多くなると時間がかかってしまいます。

調べてみたら画像は、2226個ありました。

手作業でひとつづつ修正するきにもなりません。。。

こんな時には、サイト全体で一括修正できるプラグインを使いましょう。

おすすめは「Search Regex」というプラグインです。

SSL化の時だけでなく、いろんなケースで使えますので、是非とも覚えておいてください。

これで、常時SSL化が完了しました。

URLを見てみると常時SSL化されていることが分かります。

関連記事

  1. 年1回防災の日には電池の残量チェックをしていざというときに備えよう

  2. 電気ポットの底に付着してるガビガビ汚れを手に触れずキレイに落とす方法

  3. パソコンは起動してるけど画面に何も映らない | 原因はグラボの重みでし…

  4. テッシュに群がるアリの大群。アリの巣コロリで一発退治できました

  5. 血液、卵、たんぱく質の汚れはジアスターゼで分解して落とす

  6. 不動産屋さんに無断駐車されました