ipad用のペンを純正Apple Pencile2に変えました。良かったこと悪かったとこ。

ipad pro 11を購入してから、そろそろ1年位経ちます。

実は純正のApple Pencilでなく、サードパーティー製のペンを使っていました。

理由は純正ペンシルの値段が高かったからです。。。

純正のApple Pencil2だと、16000円位するのに対し、サードパーティー製のものだと4000円程度です。

実に4倍位の値段がするのです。4倍ですよ。。。

サードパーティー製のペンを買って、どうしても我慢できなければ、純正を買おうと思ってました。

けど、そんなに使い勝手も悪くなかったので、1年もたったのです。

しかし無性に純正ペンシルが気になってしまい、気が付いたら購入してました。。。。

純正Apple Pencile2のよかったとこ

書き味、ペンの追従性

分かっていましたが、さすが純正ペンシル、書き味は全然違いました。

サードパーティー製のものだと、書いた線が、ペンより遅れて描かれる感じでしたが、純正だと普通の鉛筆のように描かれます。

サードパーティー製ペンだと「かくかく」だが、Apple pencile2だと「なめらか!」という言葉が当てはまります。

ペンがIpad本体にくっ付く

Apple pencile2になって、ipad本体にマグネットでくっ付くようになりました。

サードパーティー製ペンだと、ipad本体とは別に、保管しないといけませんでした。

ペンを頻繁に使う方は、マグネット式とっても便利ですよ。

充電切れの心配がなくなった

サードパーティー製ペンだと、USBケーブルで時々充電しなければなりません。

フル充電すれば、数日持つし、もしも充電が切れししまっても、1時間もすればフル充電になります。

なので充電に関しては、あまり気にしてませんでした。

しかし!Apple pencile2だとマグネットで本体に付けている状態で充電が出来るのです。

やっぱり、これって超便利でした。

だってipad本体にペンをつけていれば、充電を気にすることがないのです。

ダブルタップでツール切替

Apple pencile2は、ペン先端の平な部分をダブルタップすると、ツールを切り替えることが出来るようになりました。

初期設定では、ダブルタップで、ペンか消しゴムかを切り替えることが出来ます。

サードパーティー製のペンだと、切り替えることが出来ません。

いちいち、画面のペンか消しゴムをタップして、切替します。

一度ダブルタップを使ってしまうと、元には戻れません。。。

純正Apple Pencile2のダメなとこ

値段が高い

さすがにペンに16000円は高すぎると思います。もう少し安く出来るよう望みます。

グリップをつけると問題が・・・

Apple pencile2は、普通の鉛筆と同じくらいの太さです。

ペングリップをつけないで、長時間持っていると指が疲れてしまいます。

なので、Apple pencile2用のペングリップも販売されています。

ただしペングリップをつけると、ある問題がおこる可能性があるのです。

本体にApple pencile2がくっつかなくなる

Apple pencile2はマグネットでipad本体にくっつくのですが、グリップの厚みによって、くっ付かなくなることがあります。

厚みが薄めのペングリップであれば、くっ付くものもあるようですが、その分吸着力は弱まると思います。

そうなれば、充電もちゃんと出来るのか、チェックしないといけません。

ダブルタップが効かなくなる

やはりペングリップの厚みによって、ダブルタップが効かなくなることがあるようです。

その場合、タップ部分が開いているペングリップを選ぶとよいでしょう。

 

 

関連記事

  1. 樹脂サッシの紫外線による劣化

  2. パソコンのファンが爆音。PCIスロットファンに変えてみた

  3. 冷蔵庫掃除は冬の時期が適している理由と掃除のタイミングに向けて事前に準…

  4. 外出することが多い個人事業主に最適なファックス付き電話機。絶対外せない…

  5. エアコンフィルター交換、ディーラーだと5000円。機械音痴なワタシでも…

  6. スキマ風がどこから部屋の中に入ってくるのか調べる方法