車内WI-FI化にモバイルルーター使うなら、バッテリーレスがキーポイント

クルマに乗っている間も、WI-FIを使いたいと思ったことありませんか?

・家族でドライブに出かけた時に、騒ぐ子供達にyoutubeやNetflixやHuluなどの配信サービスで動画を見せて、おとなしくさせときたい。

・ノートパソコンを広げて、ちょっとした仕事を済ませたい。

・移動の間にオンラインミーティングをしたい。

・車載ナビでなく、タブレットにインストールされたカーナビアプリを助手席や後ろの席でも見ていたい。

クルマの移動中でも、オンライン化出来れば、車内は自宅や会社と変わらない快適な空間になりえるのです。

車内WI-FI化を実現するには、モバイルルーターがお手軽

では車内WI-FI化を、実現するにはいくつか方法があります。

スマホのテザリング

テザリングはとても便利なスマホの機能です。

自分が使っているスマホをアクセスポイントとして、他のスマホやタブレット、ノートパソコン、プレーステーション、ニンテンドースイッチなどの端末でインターネットを利用できるのです。

とても便利なテザリングですが、デメリットもあります。

  1. すぐに通信料の上限を超えてしまう
  2. スマホのバッテリー消費が激しい
  3. 電話がかかってくるとテザリングが切れてしまう

テザリングを利用すると当然だが、スマホのデータ通信量が消費されます。とくに動画を見たり、パコソン作業すると著しく通信量が消費されます。

そうなると通信制限がかかってしまうこともあるのです。

またテザリングを使用すると、バッテリー残量が急速に低下してしまいます。もしもバッテリー残量がゼロになれば、当然ながらテザリングできなくなります。

「通信料」「バッテリー消費」のことを考えると、長時間の運用が必要とされる車内WI-FIを実現するにはテザリングでは難しいでしょう。

テザリングはあくまで、緊急時の短時間用として使うのが正解だと思います。

モバイルルーター

車内WI-FIには、モバイルルーターを使えばいいのではと思う方が多いと思います。

モバイルルーターなら、テザリングのようなデメリットはありません。

たしかにモバイルルーター用に、データ通信simを契約しないといけないですが、それさえクリア出来れば、車内WI-FI化も難しくはありません。

しかし、どのモバイルルーターでもいいわけではありません。

車内WI-FI用に適したモバイルルーターがあるのです。

電源のオン・オフが面倒くさい

これからドライブに出かける時のことを想像してみてください。

あなたは、まずは車に乗り込み、エンジンをかけます。

そしてモバイルルーターの電源を入れる。

目的地の途中、食事のためモバイルルーターの電源をオフにする。

ふたたび車に乗り込み、モバイルルーターの電源をオンにする。

モバイルルーターを車で使うとなると、電源のオン・オフが結構面倒なんですよね。

クルマが動き出してから、モバイルルーターの電源入れ忘れに気付くことも少なくはありません。

それならシガーソケットから電源を取り、ずっとモバイルルーターを起動させておけば?と思う方がいるかと思います。

たしかに、そうすれば電源のオン・オフを意識しないで済みます。

モバイルルーター常時起動だと、バッテリー切れの可能性が

でもモバイルルーターをシガーソケットから給電している間は問題ないけど、エンジンを長時間切っているとバッテリー切れの可能性が出てきます。

よく考えると、エンジンとモバイルルーターが連動したらいいと思いませんか?

エンジンがかかるとモバイルルーターの電源が自動的入り、エンジンが切れると自動的に電源が落ちる。

そうすればバッテリー切れの心配もないし、全くWI-FIの事すら意識しなくてもいいのです。

それを実現する方法があるのです。

それはモバイルルーターのバッテリーを外して、シガーソケットから給電する方法です。

でもモバイルルーターに詳しい人の中には、「モバイルルーターってバッテリーレスの状態だと、シガーソケットから給電しても電源が入らないよ!」という人がいると思います。

たしかに、ほとんどのモバイルルーターは、バッテリーが外されている状態だと、電源が入りません。

ただし、バッテリーが外されている状態でも電源がはいるモバイルルーターが存在するのです。

富士ソフト FS030W、FS040W

このモバイルルーターは、バッテリーが外されている状態でも電源がはいるのです。

つまりシガーソケットにシガーソケットチャージャーを差し込み、富士ソフトのモバイルルーター(バッテリーを外しておく)をつないでおけばいいのです。

USBドングルという手もあります

USBドングルとは、USBポートに挿す小型機器のことを言います。

シガーソケットチャージャーのUSBポートにUSBドングルを挿すだけでデータ通信することが出来るのです。

USBドングルには、バッテリーがありません。通電したら電源が入る仕組みです。

モバイルルーターより小型ですので、車内専用で使用するにはUSBドングルのほうが向いていると思います。

車内専用用途だと、USBドングル。車内だけでなく、普段の外出用にも使うなら、モバイルルーターがよいでしょう。

関連記事

  1. 梅雨時期のお悩み「洗濯物の生乾き臭」問題を解決する

  2. 家の中の花粉症対策には掃除が基本。だけどいきなり掃除機はNG

  3. 外出することが多い個人事業主に最適なファックス付き電話機。絶対外せない…

  4. 樹脂サッシの紫外線による劣化

  5. Nest Helloすんなり設置完了

  6. ダイエット中の方に朗報!アボガドの黒ずみを簡単に抑える方法を発見しまし…