洗濯物の真下にあるモノを置くだけで早く乾きます

雨の日には外に洗濯物を干せないので、室内干しにすることがよくあります。

室内干しの場合、外干しに比べ乾き方がだいぶ遅くなるのはご存じだと思います。

そんな乾きにくい室内干しですが、洗濯物の真下にあるものを置いておくだけで、乾くスピードが速くなるのです。

では、そのあるものとは何でしょうか?

一般家庭でよく見かけるものです。

さて、答えは。。。

。。。

新聞紙です。

テレビの放送で、洗濯物の下に、新聞紙を置かない場合と置いた場合での乾き方の比較をしていました。

この状態で30分ほど経過したとき、湿度の変化の差がハッキリしました。

新聞紙なしのほうでは湿度が60%でしたが、新聞紙ありのほうでは湿度は49%だったのです。

新聞紙が湿気をどれだけ吸収したのか、お分かりいただけと思います。

そして2時間後には、見た目にも乾燥の度合いがハッキリと分かるようになりました。

 

関連記事

  1. 整理だけでは片付けてもすぐに散らかってしまう!整理と整頓の違い分かりま…

  2. 樹脂サッシの紫外線による劣化

  3. 受信ファックスをメール転送して外出先でもスマホで確認する4つの方法

  4. 外出することが多い個人事業主に最適なファックス付き電話機。絶対外せない…

  5. 問合せフォーム「Contact Form 7」のスパム対策。2つ試して…

  6. 外出先からipadで受信したFAXにサインして無料で送り返す方法