洗濯機をかさ上げしたら水栓にぶつかった。でも「壁ピタ」でラクラク解決

洗濯機と防水パンの間にスキマを作ろうと思い、かさ上げしようしたら、水栓にぶつかってかさ上げできなかったという相談を受けることがあります。

洗濯機の水栓は、洗濯機上の壁に取り付けられていることが多いです。

かさ上げしようとすると、かさ上げ台の高さにもよりますが、洗濯機と水栓が干渉してしまいかさ上げできない場合があります。

洗濯機をかさ上げするときは、かさ上げ台の高さと洗濯機上面から水栓までの高さを考慮するようにして下さい。

また水栓の干渉を防ぐためには、パナソニック「壁ピタ水栓 CB-L6」を使えば大丈夫です。

壁ピタ水栓は、水道管を縦に伸ばすことにより、水栓の高さを10数センチ高くすることが出来ます。

モンキーレンチと水栓取外しレンチがあれば、簡単に取り付けることが出来るので、自信がある方は試してみては如何でしょうか?

取り付け方は、下記記事を参考にして下さい。

パナソニック 壁ピタ水栓 CB-L6

水栓取外しレンチ

モンキーレンチ

関連記事

  1. 洗濯パン掃除が「短時間」で「簡単」にできる洗濯機水栓接続ホースが便利す…

  2. 洗濯パンの排水口を6カ月間自動で掃除してくれる商品を紹介します

  3. 日立ドラム式洗濯機。下水の臭いは乾燥を途中で止めていたのが原因でした

  4. 洗濯機がすすぎの途中で止まってしまうのは排水口の詰まりが原因でした

  5. ドラム式洗濯機の排水フィルターがマジやばい!1か月に1回掃除してますか…

  6. 洗濯機かさ上げ台を使えば、洗濯機下をルンバが勝手に掃除してくれてメチャ…