しばらく洗濯機を使わない時はトラップにフタをすること。しないと排水口からニオイが逆流するよ

旅行や用事などでしばらく家を空ける時には、洗濯機が置いてある防水パンの排水口にフタをするのを忘れないでほしい。

防水パンの排水口はトラップ構造になっていて、下水から逆流するニオイを防止してくれているのです。

排水口の中には、水がたまる仕組みになっていて、その水が下水から上がってくるニオイを防いいます。

 

しかし洗濯機をしばらく使用しないでいると、たまっている水が徐々に蒸発してしまいます。

そしてニオイを防いでいる水がなくなると、ニオイが部屋の中に逆流してくるのです。

このような防水パン排水口にたまっている水の蒸発を防ぐには、排水口にフタをすることが重要です。

「防水パン用トラップカバー」という商品が販売されています。

サイズを確認して、自分に合ったものを購入してください。

排水口に刺してある洗濯機の排水ホースを抜き取り、このトラップカバーをはめます。

すると排水口が密閉するので、水の蒸発を防ぐことが出来るのです。

しばらく家を空け帰ってきたら、洗濯機置き場が下水のイヤな臭いが充満しているかもしれません。

そのようなことがないように、長期間家を空けたり、洗濯機を使わない場合には、トラップカバーをつけておくようにしましょう。

関連記事

  1. 梅雨時期のお悩み「洗濯物の生乾き臭」問題を解決する

  2. 洗濯パンと壁とのスキマが気になったらコレを使えば即解決

  3. 洗濯機のかさ上げで当たり前だけど一番大切なこと

  4. 洗濯機のかさ上げは10cm以上高くしないと、あとで困る理由

  5. 洗濯機が防水パンからはみ出してしまった時の対応策

  6. 洗濯機を買ったら輸送用固定ボルトを保管しておくこと。引越の時面倒なこと…