しばらく洗濯機を使わない時はトラップにフタをすること。しないと排水口からニオイが逆流するよ

旅行や用事などでしばらく家を空ける時には、洗濯機が置いてある防水パンの排水口にフタをするのを忘れないでほしい。

防水パンの排水口はトラップ構造になっていて、下水から逆流するニオイを防止してくれているのです。

排水口の中には、水がたまる仕組みになっていて、その水が下水から上がってくるニオイを防いいます。

 

しかし洗濯機をしばらく使用しないでいると、たまっている水が徐々に蒸発してしまいます。

そしてニオイを防いでいる水がなくなると、ニオイが部屋の中に逆流してくるのです。

このような防水パン排水口にたまっている水の蒸発を防ぐには、排水口にフタをすることが重要です。

「防水パン用トラップカバー」という商品が販売されています。

サイズを確認して、自分に合ったものを購入してください。

排水口に刺してある洗濯機の排水ホースを抜き取り、このトラップカバーをはめます。

すると排水口が密閉するので、水の蒸発を防ぐことが出来るのです。

しばらく家を空け帰ってきたら、洗濯機置き場が下水のイヤな臭いが充満しているかもしれません。

そのようなことがないように、長期間家を空けたり、洗濯機を使わない場合には、トラップカバーをつけておくようにしましょう。

関連記事

  1. ドラム式洗濯機をかさ上げするなら、このかさ上げ台が最適。ちゃんと理由も…

  2. 洗濯機を買ったら輸送用固定ボルトを保管しておくこと。引越の時面倒なこと…

  3. 洗濯機と壁とのスキマに落とした物を拾えるツールが便利すぎた

  4. ドラム式洗濯機の排水フィルターがマジやばい!1か月に1回掃除してますか…

  5. 浴槽に浮かぶ汚れは追い焚き配管ではなく、お湯取りシステム用配管が原因だ…

  6. 日立ドラム式洗濯機。下水の臭いは乾燥を途中で止めていたのが原因でした