洗濯機を買ったら輸送用固定ボルトを保管しておくこと。引越の時面倒なことになるからね

洗濯機を購入した時に、設置業者が「輸送用固定ボルト」を説明書と一緒に渡してくれるはずです。

輸送用固定ボルトとは、いったいどのようなものでしょうか?

このような、金属のボルトです。

わたしが購入した洗濯機は、手で回せるような部品がついていました。

この固定ボルトは、引っ越しなどで洗濯機を移動する際に使います。

洗濯機を運搬中に、洗濯機内のドラムが動かないように、固定ボルトでと固定するのです。

固定しないとドラムがガタガタと、洗濯機内でぶつかり、故障してしまう可能性もあります。

なので輸送用固定ボルトは、次の引っ越しのために、ちゃんと保管しておくようにしましょう。

 

関連記事

  1. 日立ドラム式洗濯機。下水の臭いは乾燥を途中で止めていたのが原因でした

  2. ドラム式洗濯機のかさ上げ台選びを間違うと、非常に危険です

  3. 洗濯機が防水パンからはみ出してしまった時の対応策

  4. 洗濯機がすすぎの途中で止まってしまうのは排水口の詰まりが原因でした

  5. いくらたってもドラムに水がたまらない。ギヤードモータの故障でした

  6. 洗濯機の排水ホース交換費用を安く抑える方法