蛇口を開けっ放しだと洗濯機が壊れやすい?メーカーに問合せてみました

先日、洗濯機かさ上げ清掃にお伺いしたお客様から、あることを聞きました。

洗濯機を設置する業者さんから「洗濯機の蛇口を使わない時も、開けっ放しにしておくと、水圧が洗濯機に負荷を与えて壊れやすい」と言われたそうです。

確かに蛇口を開けっ放しにしておくのは、あまりおすすめしません。

地震などで給水ホースが外れてしまい、水浸しになるケースがあるからです。

なので洗濯しているとき以外には、蛇口を閉めておくのがよいでしょう。

ただ「洗濯機が壊れやすい」というのは、本当なのか気になったので、パナソニックに問合せてみました。

パナソニックからの回答は、「洗濯機には影響がない」ということでした。

影響がないといっても、万が一の水漏れの時のために、洗濯機を使う時だけ蛇口を空けるようにしましょう。

洗濯するごとに蛇口を開閉するのは面倒くさいという方は、緊急止水弁付き水栓に交換することをおすすめします

緊急止水弁付き水栓ってご存知ですか?

最近は普及率も上がり、使っている方も多いようです。

ただし、ひと昔の水栓は緊急止水弁がついていないのです。

緊急止水弁とは、吸水ホースが万が一外れてしまった場合、止水弁が動作して水を止めてくれる機能です。

緊急止水弁付き水栓を取り付けおけば、万が一の時も安心です。

気になる方は、洗濯機の水栓をチェックしてみてくださいね。

水栓の交換は、そんなに難しくないので、ご自身でチャレンジするのもよいでしょう。

関連記事

  1. 洗濯機をベランダに置いてる方!台風が来る前に対策しないとダメですよ!

  2. 壁に3方囲まれたドラム式洗濯機でも設置できるランドリーラック

  3. ドラム式洗濯機のかさ上げ台選びを間違うと、非常に危険です

  4. お風呂や防水パンで排水口部品の取付順番を間違えると臭いが上がってくるか…

  5. 「雨の日になると洗濯機から下水の臭いがする」という相談を解決しました

  6. 洗濯パンの排水口から上がってくる下水の臭いと毛細管現象の関係