マンションの排水管洗浄。洗濯機下にスペースがないと作業してもらえませんよ。

マンションにお住まいの方は、ご存知かと思いますが、年1回くらい数日かけて「排水管洗浄」を行っています。

わたしたちが生活するうえで、食べ物のカスや、衣類の繊維くず、洗剤や石鹸、髪の毛、油汚れなど様々なものを排水管に流しています。

それらの汚れが、排水管内にたまり、悪臭や詰まりを引き起こすことがあります。

そのようなトラブルにならないために、定期的に「排水管洗浄」を行い未然に防いでいるのです。

専有部の排水は、以下の4箇所です。

1.キッチン

2.お風呂

3.洗面

4.洗濯機用排水

この中で、注意したい場所があります。

それは、「洗濯機用排水」です。

洗濯機下にスペースがないと、排水管洗浄はやってもらえません

防水パンの上に洗濯機が乗っている場合、防水パンの中に排水口があります。

なので洗濯機下にスキマが無いと、排水管洗浄業者の方が作業できないのです。

単身者向けの小さな縦型洗濯機であれば、簡単に移動することが出来きます。

だけどドラム式洗濯機だと、たやすく移動することは出来ません。

だって重いものだと、100kg以上もあるのです。。

下記は各戸に、配布された「排水管洗浄のお知らせ」の一部分を切り取ったものです。

ドラム式洗濯機や乾燥機付き洗濯機は、設置スペースや重量によって作業員も移動できないため、清掃できない場合がございます。

と書かれています。

排水管洗浄しないと、様々なトラブルが・・

洗濯機下にスペースがなく、排水管洗浄しないと、いろんなトラブルを起こす可能性があります。

悪臭が発生する

洗濯機付近で、下水くさいと感じたことありませんか?

洗濯するたびに、洗剤カスや衣類の繊維くず、皮脂汚れなどが排水されます。

そのような汚れが排水口や排水管内にたまると、それが原因で悪臭が発生します。

チョウバエやチャタテムシなど害虫が発生する

防水パンや排水口、排水管に汚れがたまると、その汚泥を好む害虫が発生することがあります。

代表的なものは「チョウバエ」と「チャタテムシ」です。

両者とも不快害虫なので、人間に害を与えることはありません。

ただし、たくさん発生するととても鬱陶しいですよね。

チョウバエやチャタテムシを退治するのには、やはり汚れをキレイにすることが重要です。

最悪、水漏れを引き起こす可能性がある

排水管が詰まると、排水が流れなくなり、水漏れを引き起こすことがあります。

被害があなたの部屋だけならまだしも、もしも階下に漏水してしまうかもしれません。

そうなると階下の住戸に迷惑をかけししまうだけでなく、高額の改修費など請求される可能性もあります。

洗濯機下にスペースを作る方法

このようなトラベルを避けるためにも、排水管洗浄業者に作業してもらえるよう、洗濯機下に作業スペースを確保する必要があります。

大きく、2つの方法があります。

洗濯機かさ上げ業者に依頼する

ネットで探せば、洗濯機をかさ上げしてくれる業者を見つけることが出来きます。

「洗濯機かさ上げ 業者」で検索してみてください。

当社でも、行っております。

自分で洗濯機かさ上げにチャレンジしてみる

業者に依頼するとお金かかるし・・・

でもドラム式洗濯機なんて、重くて自分では動かせないよ・・・

という方には、2人で洗濯機を移動することが出来る方法があるので、試してみてください。

関連記事

  1. 洗濯機の防水パンが長方形の方へ。排水口と排水ホースが目障りじゃないです…

  2. 洗濯機をかさ上げしたら水栓にぶつかった。でも「壁ピタ」でラクラク解決

  3. ドラム式洗濯機のかさ上げを業者に頼まず自分で設置する方法(2名作業推奨…

  4. 洗濯機のかさ上げは10cm以上高くしないと、あとで困る理由

  5. 洗濯パンの排水口を6カ月間自動で掃除してくれる商品を紹介します

  6. 洗濯した衣類がドブ臭い!排水口にトラップついていますか?