ドラム式洗濯機のかさ上げ台選びを間違うと、非常に危険です

先日、洗濯機かさ上げ清掃の作業に行きました。

すると、すでにご自身でかさ上げ台を設置していました。

そのかさ上げ台は、高さ6cmの比較的低価格ものでした。

近くマンションで排水管洗浄があるので、それまでに高さ10cmのかさ上げ台に変更したかったようです。

 

写真をよく見てください。特にかさ上げ台の部分を・・・

左側のかさ上げ台が傾いていますよね。

洗濯機の脚がさ上げ台の端に置かれているので、安定性がありません。

また右側のかさ上げ台は写真では分かりずらいですが、ねじれたように変形していました。

このような状況だと、洗濯機を使っているうちに、倒れてしまう可能性があります。

ドラム式洗濯機をかさ上げする場合には、重い重量を支えらるしっかりとしたかさ上げ台を選ぶようにしましょう。

おすすめのかさ上げ台は、下記記事を参考にしてみてください。

 

 

 

関連記事

  1. 洗濯機が防水パンからはみ出してしまった時の対応策

  2. 洗濯パンの排水口から上がってくる下水の臭いと毛細管現象の関係

  3. 洗濯パンと壁とのスキマが気になったらコレを使えば即解決

  4. いくらたってもドラムに水がたまらない。ギヤードモータの故障でした

  5. 洗濯機を底上げしたいたけど、排水管高圧洗浄業者に作業してもらえませんで…

  6. 蛇口を開けっ放しだと洗濯機が壊れやすい?メーカーに問合せてみました