乾燥運転した翌朝、洗濯機周辺がビショビショ。原因は排水トラップカバーでした

都内在住のA子さん。夫婦共働きのため、洗濯はいつも夜中に。ドラム式洗濯機なので、翌朝になると洗濯物は乾燥されフカフカの状態。

忙しい方にとって、ドラム式洗濯機ってとっても便利ですよね。

でも最近になって、ある異変が起こるようになったのです。

朝起きて洗面所に行くと、洗濯機周辺がビショビショなってるのです。

A子さんは原因が分からず、色々悩んだようでした。

考えていくうちに、防水パンの排水口が怪しいのではないと疑い始めました。

でも防水パンと洗濯機の間のスキマが狭いため、排水口がどのようになっているのかさえ分からない状況でした。

そこでネットで調べるうちに、「おそうじ専科」を見つけ、「洗濯機かさ上げ清掃」をご依頼いただきました。

作業にお伺いして、洗濯機を見た瞬間、「やっぱり原因はアレかぁ」と原因が分かりました。

お使いの洗濯機は、「ドラム式洗濯機の日立ビックドラム」でした。

日立ビックドラムは、他のメーカーと比べ、ある特徴的な仕組みがあるのです。

時速約300kmの高速風を吹きかけてシワを伸ばす「風アイロン」を採用しています。

この「風アイロン」ですが、日立ドラム式洗濯機のウリの機能です。

乾燥中に高速風でシワを伸ばして、アイロンがけの手間を減らしてくれるのです。

しかし、この「高速風」がある問題を引き起こす可能性があります。

実は、日立のドラム式洗濯機、乾燥中の空気を排水ホースの中に送り込み排出させるです。

この排出される空気、半端なく勢いよく吹き出すのです。

勢いよく排出された空気が、排水口にたまっている水(封水)を弾き飛ばしてしまうのです。

その結果、乾燥運転終了後には、洗濯機周辺が水浸しになるのです。

このような状況を引き起こすことは、日立自身も当然把握しています。

そこで水弾き防止のため、「排水トラップカバー」というパーツを排水口の上にかぶせるのです。

この排水トラップカバーが、水弾きの防止してくれるのです。

でも今回のケース、防水パンの排水口に「排水トラップカバー」がつけられていなかったのです。

なので乾燥運転の時、空気圧で水を弾き、洗濯機の周りが水浸しになったのです。

悲しいことに、このことを知らないで、排水トラップカバーをつけない引越屋さんや設置業者がいることも事実です。

洗濯機を防水パンに設置した後だと、排水トラップカバーがつけられているかどうかなんて、分かるはずもありません。

設置してもらう前に、業者さんに、「排水トラップカバーは取り付けますよね?」と確認するようにして下さい。

また、もし排水トラップカバーがつけられていないようだったら、日立に連絡して対応する排水トラップカバーを購入するようにして下さい。

 

 

関連記事

  1. 洗濯物の生乾き臭問題はマグネシウムで解決できる

  2. 残り湯洗濯派の方は、洗濯用残り湯システム(ノコリ~ユECO)を検討する…

  3. 洗濯パンと壁とのスキマが気になったらコレを使えば即解決

  4. 洗濯パン掃除が「短時間」で「簡単」にできる洗濯機水栓接続ホースが便利す…

  5. 洗濯機の排水ホース交換費用を安く抑える方法

  6. ドラム式洗濯機のかさ上げを業者に頼まず自分で設置する方法(2名作業推奨…