洗濯パンと壁とのスキマが気になったらコレを使えば即解決

洗濯パン(防水パン)と壁のに微妙な、すき間が開いてたりします。

数ミリ程度のスキマなので、ブラシやモップが届かず、掃除も出来ず、モヤモヤしているかたも多いかと思います。

そんな方に、おすすめしたいが、「洗濯機パン用スキマパッキン」です。

ゴムパッキンなので、フニャフニャしています。

このパッキンをすき間にはめ込むだけで、設置OK。

柔軟性があるので、すき間にフィットするのです。

設置するとこんな感じ。

すき間にこの洗濯機パン用スキマパッキンをかぶせるだけなので、どなたでも簡単に取り付けることが出来ます。

すき間から、ちらちらと見えるホコリや汚れが気になる方は、ぜひ試してみてください。

洗濯パンは64cmx64cmの正方形タイプの場合は、64cm用を選んで下さい。

<< 長さ64cm用 >>

64cmx74cmや64cmx80cmの長方形の洗濯パンの方は、90cm用を選んでいただき、ハサミでカットして下さい。

<< 長さ90cm用 >>

注意点)

使用できるスキマの範囲は、2mm~20mmまでです。

関連記事

  1. 洗濯パンの排水口から上がってくる下水の臭いと毛細管現象の関係

  2. 洗濯機のかさ上げは10cm以上高くしないと、あとで困る理由

  3. 乾燥運転した翌朝、洗濯機周辺がビショビショ。原因は排水トラップカバーで…

  4. 洗濯機を買ったら輸送用固定ボルトを保管しておくこと。引越の時面倒なこと…

  5. 洗濯機が給水エラーで止まってしまった時のフローチャート式対処法

  6. パナソニックのドラム式洗濯機を購入するなら、絶対にこの道具も同時購入し…